ケータイ

NTTドコモのeSIMは旧プラン「シェアパック」等でも変更可能

ケータイ

NTTドコモが2021年9月8日から提供開始した「eSIM」。
筆者も早速メインで使っている回線やノートPCの内蔵モデムに取り付けていたSIMカードをeSIMに変更して使っています。

このNTTドコモのeSIMですが、ドコモオンラインショップなどでは「5Gギガホ プレミア」や「ギガホ プレミア」「データプラス」などドコモのギガプランが対象であると案内されています

また契約区分・通信世代として最新の5G、または4G(Xi)が対象であるとも案内されているのですが、4G(Xi)は旧プランとして
 ・タイプXi + Xiパケホーダイ(2011年末に登場した最初の4Gスマホ向けプラン)
 ・カケホーダイ + データパック or シェアパック(2014年夏に登場したプラン)
でのeSIMへの変更が可能かどうか気になるところ。

当ブログでもドコモ側の案内に則り、eSIMの対応プランは「ドコモのギガプラン」と以前紹介していますが、まだ手持ちにシェアパック・シェアグループを組んでいる回線があったのでeSIMへの変更申込が行えるか試してみました。

eSIMへの変更を試した回線

今回試したのはベーシックシェアパックに属するデータプランの回線です。

上記のスクリーンショットの通り、My docomoでも基本料金プランが「データプラン(スマホ/タブ)【iPhone】」、データパックとして「ベーシックシェアパック」に加入し、旧プランで契約中の回線です。

eSIMへの変更をドコモオンラインショップで試す

契約内容も確認したところで、早速ドコモオンラインショップにてeSIMへの変更手続きを行ってみました。

するとどうでしょう。スクリーンショットの通り、サクッとSIMカードからeSIMへの変更手続きを行うことができました。

そもそもeSIMへの変更手続きが行えない回線の場合、eSIM対応機のEIDの入力画面に進む前にエラー画面が表示されてしまうため、この画面まで進めません。
また「ドコモのギガプラン」に属する現行プランへの変更を促すような画面も表示されず、料金プランは 「データプラン(スマホ/タブ)【iPhone】+ ベーシックシェアパック」 のまま手続きを完了することができました。

なぜ旧プランが対象外のような表記になっていたのか

わーい!旧プランでもeSIM申し込めるじゃん!やったー!
……ではなく、なぜ旧プランが対象外プランのような表記になっていたのか。

これは推測ですが、シェアパックなど旧プランは「既に新規加入ができないプラン」です。
eSIMに限らず、これからNTTドコモの契約を行う場合には選べないプランです。また、既にドコモユーザーでeSIMへ変更する前後にドコモのギガプランからシェアパックなど旧プランへ変更することもできません。

対象プランの表記は新規契約などの案内もセットになったページでの告知だったことや、今時点で受け付けているプランに絞らないと「これからそのプランが選べる」と誤認されることを防ぐための表記だった、ということではないかなと。

ともあれ、旧プランを利用中の人でもこれで安心してeSIMへの変更ができます。

ドコモオンラインショップでeSIMを申し込む

▼ ドコモのeSIM申込時と申込後のハマりどころについては以下の記事で解説中です


コメント

タイトルとURLをコピーしました