NTTドコモ、2019-2020冬春モデル 7機種を発表!

ケータイ

NTTドコモの2019-2020冬春モデルが発表されました。
今回のラインナップはAndroidスマートフォン5機種、らくらくホン1機種、キッズケータイ1機種の計7機種。

発売はもっとも早いものでGalaxy Note10+ SC-01Mの10月18日。
年内に発売が予定されている機種は本日10月11日 12時からドコモオンラインショップ等で予約受付がスタートしています。

今回のラインナップの注目機種はやはりGalaxy Note10+ SC-01Mでしょうか。筆者も悩んでいる一台です。
またau同様に昨年はSoftBank専売だったAQUOS zeroの後継モデル・AQUOS zero2をラインナップ。120Hz動作の有機ELディスプレイや本体の軽量化、発熱しづらい設計にするなどゲーム向けをも謳う機種がどういったプロモーションと支持を受けるかは気になるところ。

本記事では、まずは今回発表のラインナップについて、発売予定日と本体価格をまとめてご紹介。
「どんな機種が出たのかな?」と気になる人は本記事を、またその中から気になる機種があれば機種別の記事をチェックしてもらえればと。

スポンサーリンク

ラインナップと発売日、価格

機種・型番 発売時期 本体価格 機種別記事
ドコモ スマートフォン
Galaxy Note10+ SC-01M 10月18日 121,176円
(3,366円/月)
こちら
Galaxy A20 SC-02M 11月1日 21,384円
(594円/月)
こちら
Xperia 5 SO-01M 11月1日 87,912円
(2,442/月)
こちら
AQUOS zero2 SH-01M 今冬 90,288円
(2,508/月)
こちら
AQUOS sense3 SH-02M 11月上旬 31,680円
(880円/月)
こちら
ドコモ ケータイ
らくらくホン F-01M 11月 38,016円
(1,056円/月)
キッズケータイ
キッズケータイ SH-03M 今冬 14,256円
(396円/月)

コメント

タイトルとURLをコピーしました