Galaxy Note10+ SC-01Mは今冬モデルでは最速の10月18日発売。スペック、本体価格、月額料金をご紹介。

ケータイ

NTTドコモの2019-2020冬春モデル「Galaxy Note10+ SC-01M」が発表されました。
発売は今回のラインナップ中では一番最初となり、10月18日を予定しています。

Galaxy Note10+ SC-01Mはサムスン・Galaxy Noteシリーズの最新モデル。
すでに海外では8月に発表・販売が開始されている他、国内ではau(KDDI)も取扱を発表しています。

昨年のGalaxy Note9からの大きな変更点ですが、2019年上期のフラグシップモデル「Galaxy S10」らと同様に広角カメラを加えたトリプルカメラ搭載になったこと、インカメラがディスプレイ上に配置されたInfinity-O Displayになったことなどが挙げられます。
基本性能ももちろん向上していますが、売りであるS Penの機能向上など、よりペンを使った操作が便利になっている点も見逃せません。

また、予約特典としてワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」がもらえるキャンペーンも実施されます。
購入を決めていないけれど候補の一台ではあるという人は、11月7日までの購入でGalaxy Budsがもらえるため予約だけでもしておくのがオススメです。

以下にGalaxy Note10+ SC-01Mのスペック、本体価格、月額料金をざっくりまとめましたので、購入の参考にして頂ければと。

スポンサーリンク

Galaxy Note10+ SC-01Mのスペック

Galaxy Note10+ SC-01Mのスペック
本体OSAndroid 9
CPUQualcomm Snapdragon 855
RAM12GB
ROM256GB
バッテリー容量4,300mAh
本体サイズ約162×77×7.9mm
重量約197g
ディスプレイサイズ・種別約6.8インチ/有機EL
解像度Quad HD+ (1440×3040px)
カメラアウトカメラ約1,200万画素 F1.5/F2.4 広角カメラ
約1,600万画素 F2.2 超広角カメラ
約1,200万画素 F2.1 望遠カメラ
ToF(深度)カメラ
インカメラ約1,000万画素
通信LTE1,576Mbps/75Mbps
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
BluetoothBluetooth 5
その他防水・防塵防水 IPX5/IPX8 防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ
おさいふケータイ対応
充電端子形状USB type-C
ワイヤレス充電○・ワイヤレスパワーシェア対応

本体価格

Galaxy Note10+ SC-01Mの本体価格は以下の通り。
月々サポート等の購入補助は廃止されたため、のりかえ、新規、機種変更による価格差は現時点ではありません。

機種名・型番発売予定日本体価格おかえしPGPG適用時 実質負担額
Galaxy Note10+ SC-01M10月18日121,176円
(3,366円/月)

月額料金

を購入した場合の月額料金は以下の通り。
現行プランの「ギガホ/ギガライト」のうち、ギガライトは最も安い「1GB以内の利用時」のみ算出しています。
また、参考までに旧プランの「シェアパック」利用時、最も安くなるシェアオプション(子回線)をシンプルプランで利用している場合の料金も掲載しています。

ギガホギガライト
※参考
シェア子回線
利用料6,578円3,278円1,958円
本体
(36回払い)
3,366円
合計9,944円6,644円5,324円

コメント

タイトルとURLをコピーしました