ドコモ、dtab Compact d-02Hも価格改定。実質負担価格はマイナス2万円に。

Xperia Z5 Premium SO-03Hの値下げの影でdtab Compact d-02Hも値下げされていました。
dtab Compactも2015-2016 冬春モデルの一台で、ファーウェイ製の8インチサイズのAndroidタブレットです。スタンダードモデルの位置づけで、防水や防塵には非対応ですが、スマホやフィーチャーフォンと一緒に持ち歩く2台目タブレットとしては熟れた価格設定やスペックの一台です。

Xperia Z5 Premium同様にSNSではおしゃべり館厚木店のTwitterにて値下げが告知されています。

筆者の自宅近くの量販店やショップでも同様の告知が4日時点で開始されていました。
イメージとして、Xperia Z5 Premium SO-03Hと一緒にいかがですか?といった売り方が今夏の定番になるのかも。

8月5日からの価格など

8月4日までも十分に安価な価格設定になっていましたが、8月5日からの方が更に安い価格設定になっているので表にまとめてみました。タイトルにも書いた通り、実質価格はマイナス2万円です。いいのかな…この価格設定。。。
また、対象オーダーはMNP(他社からののりかえ)だけでなく「新規契約」と「機種変更」も対象なのがアツいポイント。

~8/48/5~
本体価格49,896円
割引額▲49,896円▲39,528円
月々サポート0円▲32,400円
値引き後価格0円-22,032円

8月4日までの価格でも一括0円になるようになっていましたが、8月5日からの価格は最終的にマイナス2万円超という破格の価格設定になっています。
店頭で支払う金額は8月5日以降の価格は10,368円になっていますが、上にご紹介した店舗のように1万円を切る価格に僅かですが値引きを行ったり、タブレット販売が特に強化されている一部のドコモショップでは一括0円に近い金額で販売されることが予想されます。

月額

上の表にも記載した通り、注目すべきは「月々サポート」です。
総額32,400円、毎月1,350円の割引が適用されるため、2台目でdtab Compact d-02Hを持った場合の月額がかなり安価に。

データプラン(スマホ・タブ)1,836円
spモード324円
シェアオプション540円
月々サポート▲1,350円
合計料金1,350円

月額料金はたったの1,350円。
さらに○○○@docomo.ne.jpのメールアドレスが不要であれば「spモード」ではなく「mopera U シンプルプラン」を選択すると、更に108円安い1,242円で利用する事も可能です。めちゃ安い。

注意したいこと

「端末購入サポート」に加入を行うことが大幅値引きの条件となっています。
端末購入サポートは契約した月を含む13ヶ月以内に「解約」「回線の休止」「機種変更」「指定料金プラン・割引サービスへの変更」などを行うと、2年契約とは別に解除料発生します。

dtab Compact d-02Hの端末購入サポート解除料は19,764円に設定されているため要注意です。
この解除料は電話機が故障・紛失してしまい機種変更が必要になった場合でも発生するため、心配であればケータイ補償サービスに加入がオススメです。

端末購入サポートについては当ブログでも過去になるべくわかりやすいように記事を書いていますので、解除料が発生するタイミング・しないタイミング、何をしたら発生するのかについて、以下の記事をお読み頂ければと。

昨日10月29日より、NTTドコモが実施する割引キャンペーンの「端末購入サポート」の内容が一部変更になっていたのでご紹介。端末購入サ...
Twitter等のSNSで  「端末購入サポートって何か月維持すればいいんだっけ?」  「Nexus 5Xが欲しいけど、自分の番号は安く...

買い回りのプロの方にもオススメ

あまり大声では言えませんが。

いわゆる2年縛りの契約があと一年程度残っている場合、dtab Compact d-02Hへ機種変更してしまうのも一つの手だと思います。以前ほどMNPによるキャッシュバックや端末の大幅値引きも過熱しておらず、将来的に解約を予定している回線があるのであれば、dtab Compact d-02Hへの機種変更はおすすめです。

いわゆる「寝かせ」の回線で機種変更を行うと、以下の表のように安価に維持が可能です。

データプラン(スマホ・タブ)1,836円
シェアオプション540円
月々サポート▲1,350円
合計料金1,026円

1,026円の12ヶ月で約12,000円。
さらにdtab Compact d-02Hを中古買取店などで売った場合、多分1万円前後の価格で買い取りになるはずです。
※8月4日時点では16,000円前後ですが、特価によってもう少し下がると予想しています。

二年縛りの途中で解約を行った場合、契約解除料は10,260円ですが、本体を売却した費用を当て込むことで約一年間のランニングコストは相殺できますし、端末購入サポートが終わった後に更新月を迎えれば、解除料は0円で解約できると考えるとかなり魅力的なキャンペーンだとも考えられます。

まとめ

以上、Xperia Z5 Premiumの影で割といい感じのお値段で購入可能になったdtab Compact d-02Hのご紹介でした。最近はauなんかも8インチタブレット(QuaTab 01やQuaTab PX)を安価に二台目で購入できるキャンペーンを実施していますが、それに負けず劣らず、かなりお買得なキャンペーンになっています。
また、敬老の日のプレゼントにタブレット…!も意外と人気らしく、本キャンペーン・価格は9月末までの予定になっているので、それに併せて購入してプレゼントするのもありかもしれませんね。

筆者はKindleをぼへーっと読むのに8インチタブレットが欲しかったので、このキャンペーンで一台買いたいと検討中です。dtab Compact d-02HはWUXGAとかなり高解像度な液晶パネルを搭載していて、Amazonで定期的に爆安で売られているKindle Fireよりも読書に向いてますよ。オススメです。