僕は隠れASUSファンだったのかもしれない – ZenFone Zoomで遊び始めました。

ZenFone

_DSC8416

1月25日。ASUSは日本国内市場にSIMフリースマートフォン「ZenFone Zoom(ZE551ML)」を投入すると発表がありました。
発売日は2月5日。本稿公開日から丁度一週間後です。
ZenFone Zoomは光学3倍ズーム・光学式手ぶれ補正、最大1,300万画素のカメラを搭載したカメラ機能重視モデル。
昨年夏〜秋頃に、アクティブユーザーがTwitterを超えたInstagramなど、スマートフォンを起点とする写真によるコミュニケーションサービスが人気の昨今。スマホのカメラに要求する性能、機能は高まってきており、そうしたユーザーの受け皿になるか、とても楽しみな機種が登場です。

お値段は49,800円(税抜)から

_DSC8950

容量、バックカバー、CPUの違いで全部で4モデルが発売になります。
写真は左から順に

  • 本革 ブラック
  • プラスチック ブラック
  • 本革 ホワイト
  • プラスチック ホワイト

です。
以下、バックカバーの素材や容量の組合せの一覧、及び価格です。

ZenFone Zoom(ZX551ML)
バックパネル本革プラスチック
CPUIntel Atom Z3590
2.5GHz クアッドコア
Intel Atom Z3580
2.33GHz クアッドコア
RAM4GB
ROM128GB64GB32GB
価格68,800円59,800円55,800円49,800円

※表記の価格は税抜

ROM容量が128GBの最上位モデルのみ、CPUの動作クロックが2.5GHzに。
ASUS公式サイトに記載はありませんが、GPU(グラフィック)の最大動作クロックも、最上位モデルのみ640MHzと高速化されています。とにかくスペック重視!!という場合、128GBモデルがオススメです。

筆者×ASUS

ZenFone Zoom自体はCES 2015で発表されており、かれこれ一年、まだ出ないのかな?と楽しみにしていた機種の1つです。
筆者の普段使い=Xperiaシリーズというイメージをお持ちの読者の方も多いと思いますが、昨年は春頃に発売するなりZenFone 2(ZE551ML)を台湾から輸入、ZenFone 2 Laser(ZE500KL)も当ブログでセカンドスマホとして普通に利用しながら約2ヶ月に渡りレビューを行っていましたし、年明け一発目のレビューはTransBook T90Chiだったりと、自分でも気付かぬうちに身の回りにASUS製品が溢れている今日この頃です。

そういえば、自宅のメインPC(自作PC)のマザーボードもASUSですね。
昔々はAMD CPUとMSIのマザボの組合せが最高!!とか言っていたはずなんですが、こんなところにもASUSです。僕がZenBlogを書きたいくらい、ASUSに浸食されています。

そして手元にZenFone Zoomが

DSC08971

あるんです。。。
今回我が家にやってきたZenFone Zoomはもちろん、今回発表の国内版。そして最上位モデル。
実は1月25日の発表会当日から我が家にやってきて適当に遊び始めています。
正直普段使いのXperia Z5 Premiumよりも快適…。
当ブログでもしばらくの間、ZenFone Zoomのレビュー記事を書いていきます。

また、早速ですが本機の開封の儀をS-MAXにて執筆いたしました。
パッと見は完全にデジカメ!まもなく発売の光学3倍ズーム対応スマホ「ASUS ZenFone Zoom ZE551ML」を先駆けて入手したので開封して同梱品や外観を紹介【レビュー】 – S-MAX
S-MAXでも本ブログと並行し、色々書いていきますので一緒にお読み頂ければと!