+メッセージ、提供事業者を拡大 携帯3社のサブブランドとMVNOで利用可能に

ケータイ

NTTドコモ、KDDI、SoftBankの3社が提供するメッセージサービス「+メッセージ」を利用できる通信会社・ブランドが、2021年9月2日以降拡大します。

今回、対象となる事業者と利用可能になるおおよその時期は以下の通り。

事業者 回線・ブランド 対応時期
NTTドコモ NTTドコモ 提供中
ahamo
KDDI au 提供中
povo
UQ mobile 提供中(9月2日~)
SoftBank SoftBank 提供中
Y!mobile 2022年春
LINEMO
MVNO ドコモ回線 9月下旬
au回線 提供中(9月2日~)
SoftBank回線 2022年春

KDDIが最も早く、本日2021年9月2日からサブブランドのUQ mobileやMVNOでの提供をスタートしています。

+メッセージは「LINE対抗」として鳴り物入りで登場したものの、サブブランドやMVNOなど安価な回線を選ぶユーザーが増えた後に登場したためか、利用できるユーザーが限定的だったこともありイマイチ流行らなかったメッセージサービス。
ですが、最近は「公式アカウントサービス」として自治体からのお知らせに利用する動きがあったり、SMSと比べ長文のやりとりができるなど「使えれば便利なサービス」なのは間違いありません。

今回、利用できるユーザーが増えることで既存のメッセージサービスと棲み分けた「+メッセージならでは」のサービス展開が広がることに期待です。

▼ 携帯3社のプレスリリースは以下から

報道発表資料 : 「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に | お知らせ | NTTドコモ
「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能にします。
「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に
KDDIのニュースリリース 「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に
「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
ソフトバンク株式会社の企業・IRページです。「「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に」をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました