Y!mobile 夏モデル「Xperia 10 III」の本体価格と毎月の料金をご紹介

料金

Y!mobileの2021夏モデル「Xperia 10 III」が2021年7月2日に発売です。

Xperia 10 IIIはミドルレンジモデル「Xperia 10シリーズ」の最新モデルで、昨年夏モデル「Xperia 10 II」の後継モデル。
カメラは超広角、広角、望遠のトリプルカメラ。CPUもXperia 10 IIから強化され、さらに5Gでの高速通信にも対応しています。もちろん国内メーカーらしく防水とおサイフケータイにも対応です。

ハイエンドモデルやフラグシップモデルと比べ3Dゲームなどの動作では大きく劣りますが、普段のブラウジングやSNS利用であれば十分快適な1台。Y!mobileを選んだユーザーであればゲームやエンタメてんこ盛りで利用するよりも、通信料を抑えつつスマホもキビキビ快適に動いてくれたら満足度は高いと思いますので、Xpeeria 10 IIIは”ワイモバユーザー向け”としてベストなスマートフォンです。

本記事ではXperia 10 IIIをY!mobileで購入した場合の本体価格と毎月の料金をご紹介。これから購入を予定している人の参考になればと……!

Xperia 10 IIIを購入する
スポンサーリンク

Xperia 10 IIIの本体価格

まずはXperia 10 IIIの本体価格をご紹介。
なお発売日からワイモバイルオンラインストアでは新規契約、他社からののりかえ、そして機種変更でも本体価格が割引になるキャンペーンが実施されます。

機種名購入方法本体価格割引販売価格
Xperia 10 III他社からのりかえ
新規契約
54,000円▲18,000円36,000円
機種変更▲7,200円46,800円

※ソフトバンクからのY!mobileへののりかえは割引対象外

Xperia 10 IIIの毎月の料金

続いてXperia 10 IIIを購入した場合の毎月の料金をご紹介。
以下は新規契約、または他社からののりかえで購入し、本体代から18,000円の割引を適用した場合の料金で計算しています。(機種変更の場合は以下の料金から毎月300円アップです。)

料金プランシンプルSシンプルMシンプルL
基本料2,178円3,278円4,158円
本体代(36回払)1,000円
合計3,178円4,278円5,158円

国内では今もスマートフォンのブランドとして認知している人が多いXperia。コストパフォーマンスでは海外メーカーに優れた製品も多く「Xperiaが最も優れている」とは言えませんが、ブランドの安心感はかなり大きいのも確か。
XperiaシリーズはしっかりとOSバージョンアップも行われていきますし、5Gに対応しているためこれから購入して2~3年利用する場合にも速度アップの恩恵も受けられるなど、長く使って不満も出づらいでしょう。

なお、筆者自身昨年はサブのスマートフォンとして「Xperia 10 II」をワイモバイルで購入し使っていましたが、ゲームをしなければコレで十分だと感じました。(ゲームするのでメインにはできなかった……)
ディスプレイも大きく広く、WebブラウジングやSNSの閲覧が中心ならば見やすいため「ゲーム以外」は優等生なのがXperia 10 IIIです。

Xperia 10 IIIを購入する

▼ 「イエロー」が選べるドコモ版Xperia 10 III

▼ Xperia 10 IIIはauからも発売中