NTTドコモ、Pixel 3・3 XLを値下げ。実質負担はPixel 3a同等に。

ケータイ
この記事は約2分で読めます。

NTTドコモの2018-2019冬春モデルとして登場したGoogle Pixel 3・3 XLが本日7月26日から値下げ。

値下げは2~3万円ほど。
Pixel 3・3 XLの価格差がなくなる他、スマホおかえしプログラム利用時の負担額は4万円台後半となり、下位モデルのPixel 3aの本体価格と変わらないため「2年で機種変更」であればPixel 3aよりもPixel 3・3 XLの方がお買得です。

以下、本日7月26日からの価格です。

スポンサーリンク

7月26日からの価格

機種値下げ前値下げ額7/26からの価格おかえしプログラム
利用時の負担額
購入リンク
Google Pixel 3
91,368円▲21,384円69,984円46,656円購入する
Google Pixel 3 XL
99,144円▲29,160円購入する

Google Pixel 3・3 XLの本体価格は9万円台。
今日から2~3万円値下げとなり、一括(支払総額)は7万円を切る価格に。
新料金プラン「ギガホ・ギガライト」の6月1日の提供開始にあわせ、1万円~2万円ほど値下げされているが、そこから更なる値下げとなり買い得感がかなり増しています。

なお、36回払いで購入し、途中で機種を下取りに出すと12回分の支払いが免除になる「スマホおかえしプログラム」については以下の記事で詳しく解説しています。こちらも新プランの概要とあわせ、これから購入する人は一度読んで頂ければと。

36回払い、スマホおかえしプログラム。月々サポートやdocomo withなど、ドコモの新旧割引・買い方を整頓。
NTTドコモが2019夏モデルと同時に発表した新たな携帯電話の購入方法である「36回払い」と「スマホおかえしプログラム」。 すでに4月に発表された新料金プランと組み合わせることでおトクになるだけでなく、従来プランを今後も継続している場合で...

今回の値下げは「キャンペーンによる値下げ」ではなく純粋に価格改定としての値下げ。
法改正など、今後は期間限定での値引きも難しくなってくると予想されるため、発売から少し時間の経った機種が今回のように徐々に徐々に値下がりお買得になっていくようになると考えられます。

コメント