【9/1~】NTTドコモ、iPhone 8・iPhone 8 Plusの割引を端サポ・月サポ両方で増額。

NTTドコモは9月1日から、iPhone 8・iPhone 8 Plusの割引を増額します。
他社からののりかえ、契約変更(FOMA→Xi)で適用される端末購入サポート、新規契約と機種変更で適用される月々サポートの両方での割引増額となり、新モデル発表・発売前の在庫処分価格に。

8月頭には、のりかえの次に優遇される「契約変更」の割引が月々サポートから端末購入サポートに変更されたばかりですが、更なる割引の増額もあり、自分自身は最新のiPhoneに、家族のスマホは最新へのこだわりがないのでお得なiPhone 8シリーズに…といった、お買得な貝合もできるようになりそうです。

NTTドコモは8月3日から、iPhone 8、iPhone 8 Plusに「FOMAからの機種変更(契約変更)」の際の割引を月々サポ...

以下、9月1日からの価格・割引の詳細です。

スポンサーリンク

9月1日からの価格・割引

購入方法により適用される割引サービス、割引額が異なるため
・他社からののりかえ(MNP)
・新規と機種変更
・契約変更
の3つの表に分けてまとめましたので、それぞれをご確認頂ければと。

一番人気となるiPhone 8 64GBですが、のりかえなら1万円、それ以外は2万円とお買得な価格設定になっているため、在庫が枯れるまではまだまだ人気が続きそうです。

他社からののりかえ(MNP)

まずは他社からののりかえ。
こちらで適用される割引は「端末購入サポート」です。

機種容量本体価格割引額割引後価格解除料
iPhone 8
64GB88,776円78,408円10,368円
(432円/月)
39,204円
256GB106,920円28,512円
(1,188円/月)
iPhone 8 Plus
64GB100,440円22,032円
(918円/月)
256GB118,584円40,176円
(1,674円/月)

新規契約・機種変更

続いて新規契約と機種変更。適用される割引は「月々サポート」です。
機種変更は現在「Xi」の契約で買い替える場合ですね。アンテナマークの脇に「4G」や「LTE」と表示されている機種や、ドコモのiPhone 5s/5c以降を使ってて買い替える場合が対象です。

機種容量本体価格割引額割引後価格
iPhone 8
64GB88,776円
(3,699円/月)
69,336円
(2,899円/月)
19,440円
(810円/月)
256GB106,920円
(4,455円/月)
68,688円
(2,862円/月)
38,232円
(1,593円/月)
iPhone 8 Plus
64GB100,440円
(4,185円/月)
31,752円
(1,323円/月)
256GB118,584円
(4,941円/月)
49,896円
(2,079円/月)

契約変更

最後にご紹介するのが契約変更。
適用される割引は「端末購入サポート」。
現在「FOMA」を使っていて買い替える場合がこちらです。二つ折りなどのiモードケータイ、初期のスマートフォン(アンテナの横に3GやHと表示されるスマホ)からの買い替えが対象です。

機種容量本体価格割引額割引後価格解除料
iPhone 8
64GB88,776円69,336円19,440円
(810円/月)
34,668円
256GB106,920円68,688円38,232円
(1,593円/月)
34,344円
iPhone 8 Plus
64GB100,440円31,752円
(1,323円/月)
256GB118,584円49,896円
(2,079円/月)

流石にモデル末期ともなると、発売当初から比べてかなり安く購入できるようになってきます。
一点注意したいのは割引について。
端末購入サポート」が適用される場合、2年契約とは別に契約月含む最大14ヶ月の間に
・指定した料金プラン
・指定したデータプラン
から変更した場合や
・解約(他社へののりかえを含む)
・休止
・機種変更
を行うと、表中に記載のある高額な解除料が発生します。iPhone 8の性能であればこれから購入し、今秋提供開始予定の「iOS 12」へのバージョンアップなどを行っても極端に陳腐化する恐れもないため「性能不足で買い替えたい」ということはないと思われますが、容量不足で買い替えたい場合や全損させて買い替えたいとなった場合、解除料がかかる可能性がある点はご注意を。
少しでも心配がある場合は「256GBを選ぶ」「Apple Care+か、ケータイ補償サービスに加入する」など、余裕と安心をもたせた購入・契約がオススメです。

▼端末購入サポートについては以下の記事で解説しています。心配な人は要チェック。

Twitter等のSNSで  「端末購入サポートって何か月維持すればいいんだっけ?」  「Nexus 5Xが欲しいけど、自分の番号は安く...

また、今回の値下げに伴い「家族まとめて割」の割引対象ではなくなります。
例えば、今後発売される新型iPhoneや2018夏モデルのAndroidスマートフォンと、iPhone 8・iPhone 8 Plusを期間中に2台以上購入した場合、購入台数として2台以上のカウントにはなりますが、iPhone 8・iPhone 8 Plusの本体代金や購入した電話番号への割引・還元は受けられません。
今回増額となる割引額は家族まとめて割の5,184円よりも大きいため、適用されずとも今までよりはお買得になっています。

家族いっしょにまとめて買うと、みんなおトクに!もっとおトクに!

というわけで、NTTドコモのiPhone 8・iPhone 8 Plusの割引増額・値下げのご紹介でした。
これから登場する新iPhoneも気になりますが、普通に使う限りであればiPhone 8はまだまだ現役で使える一台です。
自分用でも家族用でも、新iPhoneの発表を見てから「やっぱりiPhone 8でいいや」と思うかもしれませんし、そう考えている人にとってはだいぶお買得に購入できるようになってもいますので、気になる容量・カラーがある場合はお早めに。

なお、9月1日からはドコモオンラインショップで購入する場合に、のりかえや新規契約でも契約事務手数料がかからなくなります。
頭金や余計なオプションの加入がないことも含め、お得になったiPhone 8の購入がドコモショップ等で買うよりさらにお得な可能性もありますので検討してみてはいかがでしょうか。