Zenfone2(ZE551ML)のホーム画面とプリインストールアプリ一覧

そろそろ入手してから一週間が経過するZenfone2(ZE551ML)ですが、まだほっとんどアプリケーションのセットアップなどはできていません(^^;
※先に買ったSH-02GとINFOBAR A03、そしてZenfone2と順にいじっているので。。。

なんだかんだで皆さん気にされる、購入直後のホーム画面・プリインアプリの一覧をひとまずはスクショ貼ってレビューを濁します。

ホーム画面

Screenshot_2015-04-03-08-48-24Screenshot_2015-04-03-08-48-28Screenshot_2015-04-03-08-48-33Screenshot_2015-04-03-08-48-40

標準は3画面になっています。
左から、メイン(真ん中)→左→右、ですね。
既に発売済のZenfone 5やMeMoPadといったASUS製Android端末とほぼ一緒です。
ホーム画面の何もない場所でロングタップした場合、設定画面を開くことが出来ます。(画像一番右)
メーカー標準ホームとしてはかなりカスタマイズに富んだ設計になっているのはいいですね。

プリインストールアプリ

Screenshot_2015-04-03-05-32-40Screenshot_2015-04-03-05-32-44Screenshot_2015-04-03-05-32-48Screenshot_2015-04-03-05-33-23

プリインストールアプリは以上の通り。
こちらもASUS端末ではお馴染みのアプリがほとんどです。
PC LinkやData Transferあたりは他社スマホからの買い換えやモバイルPCとの組み合わせで威力を発揮するアプリ…なんでしょうか?気になるアプリだったので、また後日ゆっくり試してみようと思います。

ついでに内蔵ストレージの使用状況

Screenshot_2015-04-03-05-36-11Screenshot_2015-04-03-05-36-17

今回購入したZenfone2(ZE551ML)は32GBモデル。
そのうち約6GBがシステム予約領域として確保されているため、実際に使用できるのは約25GBほどです。
といっても、本機種は既に開封編で書いている通り、裏蓋を外すとmicroSDカードスロット(最大64GBまで対応)があるので、容量面で困る事はほとんどないでしょう。

まとめ

ちなみに、日本版のZenfone5にプリインストールされていた日本語入力ソフト「ATOK」はZenfone2(ZE551ML)」には搭載されていませんでした。
一応日本語入力環境も用意はされていますが、使い勝手は微妙なので何かしら用意した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする