ちいさいiPhone 12「iPhone 12 mini」を他の小さいiPhoneと比較

レビュー

2020年11月13日に発売になったiPhone 12シリーズ最小サイズの「iPhone 12 mini」。

さて、なんでか知りませんが手元にiPhone 12 miniがありますので、今回はiPhone SE(第2世代)と未だユーザーが多く支持されているiPhone SEとサイズが同じiPhone 5sと並べサイズを比較してみました。

左からiPhone 5s、iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)。

各モデルのサイズ・重量は以下の表の通りですが、写真の通りiPhone 12 miniはiPhone 5sよりは大きく、iPhone SE(第2世代)よりも高さは小さく(短く)なっています。

iPhone 5siPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
58.6m64.2mm67.3mm
高さ123.8mm131.5mm138.4mm
厚み7.6mm7.4mm7.3mm
重量113g133g148g

また、iPhone 12 miniはiPhone X以降のホームボタンなしのデザインを踏襲し、画面の上下の余白が少なく前面全体がディスプレイのイマドキの見た目に。
本体サイズこそiPhone 8・iPhone SE(第2世代)よりもコンパクトになっていますが、画面サイズは冒頭にも書いたように5.4インチと大きく、解像度もより高精細になったことで一画面の情報量が増えています。
(ホーム画面のアイコンサイズと下部の余白を見ればわかりやすいかも)

ついでに背面もチェック。

iPhone 12 miniはiPhone 12シリーズ最小でありながらカメラ性能はiPhone 12と同等。また、特徴的なカメラ部のデザインもそのままですのでカメラ部はより主張して見えます。

完全に余談ですが、Apple製品の「スペースグレイ」はiPhone 5sのスペースグレイが一番好きでした。

ついでなのでiPhone 12 miniの上にiPhone 5sを置いてサイズ感をチェック。

iPhone 5sから本当に少しだけ、一回り大きくなったのがiPhone 12 miniということがわかります。
iPhone 8やiPhone SE(第2世代)からは僅かに小さく、それぞれに「小さくて持ちやすい」「iPhone XSやiPhone 11 Proは大きくて見送った」なんて人にはかなり丁度いいサイズ感ではないかなと。


もちろん、iPhone 12 miniへ買い替えない理由として「ホームボタンがないから」「Face ID(顔認証)よりTouch ID(指紋認証)の方が楽だから」というのもあるでしょう。

特に今年はコロナ禍で顔をマスクで覆っているため、Face IDではロック解除できず、パスコード入力でイライラしている人は多いでしょうし、筆者もそれを理由にiPhone 11からiPhone SE(第2世代)へ買い替えた一人です。
(そしてiPhone 12 Proへ買い替えた今、毎度ロック解除でストレスを感じています)

ですがiPhone Xから数えて4世代目となるiPhone 12シリーズでもiPhone X以降のデザインを踏襲していることを考えれば「SEのサイズ感」にかなり近づいたiPhone 12 miniは、そろそろ現在のデザインのiPhoneに乗りかえて欲しいというAppleからのお願いなのかもしれません。

また、個人的にはかなりサイズ感がツボで「2台以上スマートフォンを持つ際、2台目は小さいスマートフォンを選びたい」と考えているため、今後また「メインがAndroid、サブがiPhone」の体制で持ち歩くとなれば、iPhone 12 mini・ないしはその後継モデルを選びたいと、実機に触れた今は考えています。

iPhone 12 miniをNTTドコモで予約するiPhone 12 miniをauで予約するiPhone 12 miniをSoftBankで予約する