KOVOL 65W 4ポート充電器 – 最大4台同時充電の便利な急速充電器【PR】

KOVOLから「KOVOL 65W4ポート 充電器」をご提供頂きましたのでご紹介。

KOVOL 65W USB-C 充電器はその名の通り、最大65Wの出力に対応したUSB-Cの充電器です。
メーカー公式サイトだと「KOVOL Sprint 65W PD 4-Port GaN Fast Charger」が製品名のようですが、本記事では販売サイトであるAmazon.co.jpでの表記に近い呼び名で統一します。

特徴としては単一ポートではなくUSB-C×2・USB Standard A×2の合計4ポートあること。
またUSB PDによる急速充電への対応はイマドキ他の製品でもよくある仕様ですが、KOVOL 65W USB-C 充電器では対応機器との組み合わせでより高速に充電できる25W PPSに対応している点が挙げられます。

ノートPCの充電も十分に行えるUSB-C充電器は人気の高い製品で、毎月のように各社から新製品が出てくるジャンルでもあります。KOVOL 65W USB-C 充電器が魅力的な製品か、早速チェックしていきます。

KOVOL 65W USB-C 充電器

まずは外観からチェック。

本体サイズはすっかり充電器として定番になった「GaN(窒素ガリウム)」を採用しているので本体は比較的コンパクトです。
本体カラーもマットなので細かな傷や汚れが目立ちづらいのもヨシ。ポート周りのみ光沢のある仕上げですが、黒一色でも質感の違いでメリハリが出て見た目格好良くみえるのも、お気に入りのデバイスと組み合わせて使う充電器としての満足度は高めです。

続いて正面、USBポート側をチェック。

USB-C側にはPDの印字がされている通り、どちらのUSB-CポートもUSB PDに対応。
USB Standard Aポートには「QC」の印字がある通り、一部スマートフォン(少し古いモデル)で対応しているQuickCharge 3.0にも対応しています。

続いて背面をチェック。
KOVOL 65W 4ポート充電器は充電器本体にはコンセントプラグを備えず、メガネケーブルを接続して利用する必要があります。KOVOLのメーカーサイトでも「Desktop Charger」にカテゴライズされていますので、持ち運ぶよりは自宅デスクなど複数の機器を1つの充電器で賄って便利!というのが本来の使い方のようです。

持ち運びも考えている場合は短めのメガネケーブルを用意すればいいですし、付属しているメガネケーブルが短い・長いといった場合も、好きな長さのケーブルに取り替えればベストな場所で利用できるので、コンセントプラグが内蔵されていないのは決してデメリットではありません。

また、背面には各USBポートの出力仕様が印字されている他、PSEマークもあるため安心して利用できる充電器です。

実際の出力をチェック

続いて簡易的にですがKOVOL 65W 4ポート充電器のUSB-Cの出力をチェックしていきます。

KOVOL 65W 4ポート充電器が公開している仕様ですが、USB-Cポートからの出力で最大65W。またUSB-Cポートを2つ利用した場合は45W/20Wなど、本機からの出力の合計は65W以内となります。

ただ、このポート毎の組み合わせ以上に気になってしまうのがUSB PDのパワールール。
筆者も決してUSB-CやUSB PDに対してとても明るいわけではありませんが、製品に印字された仕様と実際の出力に大きな差があっても困るので、ずいぶん昔に購入したチェッカーを使って確認してみました。

本体に印字されたUSB-Cの出力は
 5.0V×3.0A = 15.0W
 9.0V×3.0A = 27.0W
 12.0V×3.0A = 36.0W
 15.0V×3.0A = 45.0W
 20.0V×3.25A = 65W
ですが、チェッカーの表示は
 5.0V×3.0A = 15.0W
 9.0V×3.0A = 27.0W
 12.0V×3.0A = 36.0W
 15.0V×3.0A = 45.0W
 20.0V×3.0A = 60W
と、最大の65Wの出力についてチェッカーでは60Wの出力として検出されました。どの電圧においてもUSB PDの仕様こそ準拠しているものの、USB-Cでの最大出力は印字とは違い60Wまでとなる点は注意が必要です。

なお、チェッカーの不具合なども考えましたがLenovoのThinkPad向けのUSB-C 65W ACアダプターでは同じチェッカーで65W(20.0V×3.25A)を検出できるため、KOVOL 65W 4ポート充電器のUSB-C 1ポート利用時の最大出力は60Wが上限となるようです。

この結果だけを見ると「仕様通りじゃないじゃん!」となりますが、そもそもKOVOL 65W 4ポート充電器のメリットは小さな本体で最大4台の機器を充電できること
またUSB PDに対応したUSB-Cポートを2つ備えているので、ノートPC+スマホやタブレット+スマホなど大出力での急速充電を求められる機器とスマートフォンの2台を同時にできることも魅力といえます。

気になる点はあるが、概ねアリといえるマルチポート充電器

KOVOL 65W 4ポート充電器ですが、最近の充電器トレンドをしっかり押さえた1台といえるでしょう。

気になる点としては上に書いた通り、本体への印字や商品ページにある「USB-C 1ポート利用時の出力が最大65W」ではない点が挙げられますが、それを除けば本体のサイズや質感、複数ポートの充電器としての使い勝手は十分にアリです。

何よりサイズは一般的なノートPCのACアダプタよりも小さく、他のGaN採用の充電器と比べても十分にコンパクトなので持ち運んで使ってもいいですし、デスク周りに置いてもあまり邪魔にならないのは「まとめて使うから大きさに妥協する」ようなことにもならずいい感じ。

Amazon.co.jpでの販売価格も2022年3月4日時点ではギリギリ5,000円を切るため、この仕様・内容で考えればお買得なうちに入ります。

なお、今回は当ブログの読者向けに2022年3月11日まで使える割引クーポンをご用意頂きました。
商品ページに用意された10%オフクーポンと併用可能な5%オフクーポンで、両方を適用した場合は4,999円→4,249円で購入可能です。

クーポンコード「FQT9BSAE
有効期限 2022年3月11日

コメント

タイトルとURLをコピーしました