レビュー

今年のiPhoneの新色「青」を活かせる純正ケース・MagSafe対応シリコーンケースをチェック

レビュー

久々にメインのスマートフォンをiPhoneにしたのに合わせ、久々にApple純正のシリコンケースを買ってみました。
しかし製品名だと「シリコーン」なんですよね。ちょっと気になる。

iPhone 12 Proがパシフィックブルーなのでシリコンケースも青系のカラーの「ディープネイビー」を選択しました。

シリコンケースと言われ真っ先に思い浮かぶのはぶよぶよとやわらかすぎる昔ながらのシリコンジャケットですが、純正シリコンケースは芯材が入っているのか取りつけやすさ(取り外しにくさ)はハードケース相当と、かなりしっかりした作り。

外側はさらっとしたシリコン素材で、内側はiPhone本体に触れるため傷付きにくいファブリック素材が貼られています。

また、内側にはiPhone 12シリーズから対応したMagSafe用のリングの姿も。

iPhone 12 Proに取りつけた状態。
流石純正、Appleロゴの位置などは本体とほぼ同じ位置。また、つや消しのシリコンから光沢のカメラ部が覗く見た目も個人的にはかなり好み。

iPhone 12・12 Pro向けの純正シリコンケースですが、従来の純正ケースからの改善であり「復活」となるのが本体下部の保護です。

iPhone 5/5s向けの純正ケースでは本体下部までしっかり覆われていたのですが、iPhone 6~iPhone 11までの純正ケースは下部が大きくくり抜かれており、フレーム部分が露出するため使っているうちに結構傷ついてしまうのが気になっていました。
これが今回、iPhone 12シリーズ向けからは再度下部まで覆う形状になり、保護性能があがっています。
(これが決め手で純正シリコンケースを今回購入しています)

Lightning端子部の開口サイズも丁度良く、サードパーティ製のケーブルであってもしっかり奥まで差し込めますし、スピーカー・マイク穴の位置もぴったりです。

サイドボタンはワントーン暗い配色で、別パーツになっています。

マナースイッチの開口部も最低限、保護重視の作り。

また、ケースのエッジはディスプレイ側より僅かに高くなっているため、落下時はディスプレイへの直接のダメージを防ぐようにもなっています。
iPhone 12 Proはイマドキのスマートフォンにしてはディスプレイベゼルが太いのですが、これがプラスに働きケースのエッジが立っていても画面両端を操作しづらくなるということもありません。

最後に背面、カメラ部を確認しておきます。

iPhone 12 Proのカメラはかなり出っ張った形状ですが、ケースの方が僅かに厚く・高くなっているため、ケース装着時に机に置いた際はカメラの出っ張りでガタつくといったことはありません。

また、レンズ周囲のフレームが硬質で重ねておいたスマートフォンの画面を傷つけてしまうことも防げますので、2台以上スマートフォンを同じポケットに放り込むとか、iPhoneとiPadを重ねて小脇に抱え移動する際でも安心です。


iPhone向けのケースはバリエーションが多く、さらにAmazonなど通販サイトでは家電量販店で買うよりも安価に、それでいて十分な質のケースが購入できため、税込で6,000円を超える純正ケースはなかなか選ばない人も多いでしょう。

しかし、純正ならではの本体との完璧なフィット感と使っていくうちにグリップ感の増していくシリコンの質感は満足度が高い点は見逃せません。
今回から本体下部までカバーされるようになったこと、ディスプレイ面は全方位に渡り一段高く落下時のダメージを十分に軽減してくれる作りも「ケース」としての本質=本体の保護という点でも高く評価できます。

また、Apple Watchのスポーツバンドにも同じカラーが用意されているため、服装にケース・バンドをあわせコーディネートするという楽しみ方もアリ。
Appleの純正アクセサリはシーズン毎にトレンドカラーを取り入れ新色が追加されるため、値段は張りますが揃える楽しみ、組み合わせる楽しみを満喫してみるというのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました