Gガイド.テレビ王国 Chan-Toruが2020年7月31日でサービス終了

ニュース

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するポータルサイト・テレビ番組表サービスの「Gガイド.テレビ王国」が、同社の子会社であるSMN株式会社に事業譲渡されることが発表されました。

これに伴いHDDレコーダーと連携し、Webブラウザ上から「録画予約」「録画番組の確認」などが行える「Gガイド.テレビ王国 Chan-Toru(以下、Chan-Toru)」が2020年7月31日でサービス終了することが発表されています。

「Gガイド.テレビ王国」事業譲渡と「Gガイド.テレビ王国 Chan-Toru」の終了に関するお知らせ

Chan-Toruですが、ソニー製のHDDレコーダーやプレイステーション周辺機器のnasneと連携し、外出先からも番組予約などが行える便利なサイト・サービスでした。

現在はスマートフォン向けアプリ「Video & TV SideView」や「torne mobile」などで同様のことが行えます。
PCからは「PC TV Plus」を利用することで同じことが行えるため、Chan-Toruは役目を遂に終えるといった方が正しいのかもしれません。

2006年に発売になったHDD/DVDレコーダー「RDZ-D800」を購入した頃からGガイド.テレビ王国・Chan-Toruの各サービスは便利で愛用し続けてきたため、今回のサービス終了は結構寂しいものがあります。
(その頃はまだ「スゴ録」ブランドで展開されてましたね、レコーダー。懐かしい。)

先にも書いたように代用できるアプリは提供されておりそれらも利用していますが、PC TV Plusの動作が緩慢だとか、Video & TV SideViewの使い勝手が良くない等の理由でChan-Toruを利用することが多かっただけに、8月以降はレコーダーの使い勝手について色々考えていく必要がありそうです。
レコーダー自体の番組表の動作も重たいのが「他のサービス」を介して使う理由でもあったので、最近のモデルは動作速度改善されているみたいですし。

▼そろそろ4Kチューナー内蔵&3番組同時録画モデルに買い換えるべきか、とか