ケータイ

「iOS 13.5」がリリース。マスク着用時のFaceID認証で、待ちなしでパスコードロック解除が可能に。

ケータイ

2020年5月21日未明、AppleからiPhone向けに「iOS 13.5」、iPad向けに「iPadOS 13.5」がリリースされました。

すでにOTAアップデートが開始されています。アップデートのファイルサイズは機種により差はあるものの、だいたい300MByte~500Mbyteほど。アップデートにかかる時間はアップデートファイルのダウンロードが完了してから5分程。

iOS 13.5/iPadOS 13.5での変更点。

iOS 13.5・iPadOS 13.5での主な変更点は以下の通り。

iOS 13.5では、マスク着用時にFace ID搭載デバイスのパスコードフィールドに素早くアクセスできるようになります。また、公的保険期間から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知APIが導入されます。このアップデートにはさらに、グループFaceTime通話のビデオタイルを自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが追加され、バグ修正およびその他の改善も含まれています。

iOS 13 のアップデートについて – Appleサポート

以前より「対応する」と話題になっていた、マスク着用時のFaceIDの動作の変更と、Googleと共に開発していた接触追跡App(API)の対応が目玉です。

「マスク着用時にFace ID搭載デバイスのパスコードフィールドに素早くアクセスできるようになります」とありますが、これは「マスクを着用した状態でもFaceIDでロック解除ができるようになる」ではありません。

従来、FaceIDが有効な場合は「顔認証を行い、駄目だった場合にパスコードを入力する」と数秒間の待ち時間が発生していました。
iOS 13.5を適用すると「顔認証を行っている最中であっても、ロック画面を上にスワイプするとすぐにパスコード入力が行える」ように変更されたため、マスク着用時であってもパスコード入力ですぐにロック解除が行えるように変更されています。

また「公的保険期間から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知APIが導入されます」について、これはiOS 13.5に新たに搭載された位置情報の記録データなどを元に、もし専用アプリのインストールなどを行っている場合は保健所などに容易に行動記録を共有できるといったもの。
もちろん、国内ではコレに対応したアプリの提供や「国民全員が必須でインストールしないといけない」といった決まりは今時点でありません。今後、保健所などがインストールを求めてくる可能性はゼロではありませんが「iOS 13.5にアップデートすると政府に監視されるようになる」といった噂は信じないよう注意が必要です。


もちろん、上記の機能追加・改善以外にも複数の不具合の修正が含まれています。

一例として
 ・Webサイトでのストリーミング(動画)再生時、黒い画面が表示される問題の修正
 ・アプリ内の「共有」を押した際、おすすめやアクションが読み込まれない問題の修正
がアナウンスされていますので、大容量プランを活用し動画をよく見たり、頻繁に使うアプリへ「今見ているものを共有」といったアクションを多用する人は、早めにアップデートを行った方が快適にiPhone・iPadが利用できますので、忘れずにアップデートを行うといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました