ツライチの背面がかっこいい。iPhone 11 Proをスマートに保護する「Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Pro」【PR】

レビュー

スマートフォンアクセサリメーカーのDeffから、iPhone 11 Pro専用ケース「Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Pro」をご提供頂きましたのでご紹介。

先日レビューを行った「Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代) スペシャルエディション」と同じく、航空機などで利用されているアラミド繊維を採用した薄型・軽量のケースで「スペシャルエディション」はiPhone 11 Proの背面をツライチのスタイリッシュな見た目にカスタマイズできるケースです。

スポンサーリンク

Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Pro

まずはケース単体でチェックしていきます。

内側には製品名・ロゴの印字、そして上部には何やら黒い物体があります。

「黒い物体」の正体はクッション材。またの名をスペーサーとも。
スペシャルエディションはカメラ部分の凹凸をなくし、背面をツライチにしてくれるのですが、カメラの凹凸分を埋めるためにクッション材がケース内側に貼られています。

iPhone 11 Proのカメラ、めっちゃ出っ張ってますからね。

この凹凸を埋めるクッション材がないと「ケースを分厚くする」とか「カメラ部の周りにフレームを付ける」などしないと、背面からカメラが出っ張ったままになってしまいます。

あくまでも「凹凸を埋めるもの」なのでクッション材自体にケースの剛性をあげるとか、スマートフォンをより強固に保護するためのものではない点には注意が必要です。

iPhone 11 ProにUltra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Proを実際に取り付けてみました。

iPhone 11 Proの「タピオカ」とも「スコープドッグ」とも呼ばれていた、とにかく存在感のあるカメラ部分がだいぶ目立たなくなります。
もちろん、それでもトリプルカメラのインパクトがなくなるわけではありませんが、大きな出っ張りがない、背面がツライチになるとかなり印象が変わります。

個人的には「Pro」を冠するだけに、アラミド繊維の折り目と相まって無骨な道具感が増した見た目がすごく好み。

続いて正面側から。

Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Proの厚みは約0.7mmと薄く、重さも約10gと軽量です。
そのためiPhone 11 Proに取り付けても大きくルックスを損なわずに装着できます。

下部のスピーカー、マイク、そしてLightning端子部のくりぬきもバッチリ。
Lightning端子部は少し大きめにくり抜かれているので純正以外の少し太めのケーブルであっても問題なく差し込むことができます。


iPhone 11 Proはサイズの割には重量級。選ぶケース次第ではさらに重たく持ちづらくなる弱点もあります。
Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Proは薄く軽く、iPhone 11 Proの魅力のひとつでもある「サイズ感」を損なわず、必要最低限の保護をしながらもスタイリッシュな見た目に化かしてくれる良ケースです。

コメント