iPhone SE(第2世代)の「小さい」を活かし保護できるケース – Deff Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代)を試す【PR】

ケース

イケてるスマートフォンアクセサリをリリースしているDeffから、iPhone SE(第2世代)に対応した薄型軽量、アラミド繊維製で頑丈なケース「Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代) スペシャルエディション」をご提供頂きましたのでご紹介。

DUROの素材として利用されているのは航空機や防弾チョッキにも利用されるアラミド繊維(デュボン社のケブラー)で、とにかく頑丈、軽量なことが特徴。
スペシャルエディションは通常のDUROと違い、カメラ部分の凹凸をなくし背面をフラットにし保護するなど、一手間かけたこだわりの一品となっています。

スポンサーリンク

Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代)をチェック

早速ですが、Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代)の各部をチェックしていきます。

まずはケース本体。
内側、本体上部にクッション材が貼られています。このクッション材ですが、ケース取付時、カメラ部分の突起をクッションの厚み分でケース表面と平たく、ツライチになるよう微調整するためのもので保護目的ではありません。
かなりアナログな方法ではありますが「ケースを取り付けても、カメラが大きく出っ張っているので保護できない」を解決する方法としてよく考えられています。

今度は斜めから。
ケースのエッジ部分からわかる通りかなり薄いケースです。厚さは最厚部で0.7mm。
iPhone SE(第2世代)は現行のiPhoneのラインナップでは最も小さくコンパクトなモデルなので、ケースを取り付けても「小さく軽い方がいい」と考える人には最適なケースといえます。

iPhone SE(第2世代)に取り付けてみるとこんな感じ。
本体カラーがブラックなので遠目に見るとケースを付けているかわからないほどに自然な着け心地。
上にも書いた通り、iPhone SE(第2世代)のメリットのひとつである「小ささ」を犠牲にせず保護できるケースなことがわかります。

取り付けた状態の背面もチェックしていきます。
正面同様にiPhone SE(第2世代)のフォルムはそのまま、アラミド繊維で包んだだけのシンプルな装い。いわゆる「カーボンルック」は好みが分かれそう。僕は大好物ですが。

ケースの内側の部分で書いたように、カメラの突起部分をクッション材でかさ増しすることで埋め、ケース取付時の背面をツライチにするのもUltra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代)、それも「スペシャルエディション」の特徴です。

カメラ部分の突起がなくなることで机など平面な場所に置いたときにも安定するのは見た目だけでなく、使い勝手の面でも嬉しいという人は多いのではないでしょうか。

ケース各部もチェックしていきます。

まずは下側。Lightning端子部分のくりぬきは余裕があるため、Apple純正以外のLightningケーブルでも問題なく差し込むことが可能です。
スピーカー・マイク部分はホール毎のくりぬきではありませんが、ケースのくりぬきが甘くホールを蓋してしまうような雑な作りでもなく、また左右対称にくりぬかれている点も好印象です。

続いてボタン部分。
広めに開けられているためボタンが押しづらくなるといったことはありません。マナーモードへの切り替えスイッチはさらに背面(下側)へ向け広く開口されているため、スイッチ操作時にケースが干渉し動かしづらいといったこともない配慮もされています。


今iPhone SE(第2世代)を選ぶ理由は「価格」か「小ささ」のどちらかを挙げる人は多いでしょう。
魅力である小ささを活かし本体を保護しようと考えた場合に選ぶべきは薄型ケースになるわけですが、薄型に多い樹脂のものは落下時に外れたり割れたりしやすいため実のところあまり保護に向かないケースが多いんですよね。

デザインこそ「カーボンルック」のみとなる点は好みが分かれそうですが、iPhone SE(第2世代)の魅力を活かしながら、しっかりと保護できる「Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代)」はかなりオススメ。
特に本体カラーでブラックを選んだ人には一度組み合わせて欲しいな、と思います。