iPhone 7/8向けのフィルムはiPhone SE(第2世代)に貼ると浮く?百均で買ったフィルムと、実機貼り付け確認済のDeffのフィルムで検証【PR】

ケータイ

2020年4月24日に発売になったApple「iPhone SE(第2世代)」ですが、その発売日を前に一部のメディアなどで「iPhone 8用のフィルムはSEに貼ると浮いてしまう」と紹介する記事がアップされ注目を集めています。

Deffのご厚意で「iPhone SE(第2世代)用のガラスフィルム」をご提供頂きましたので、今回はそちらと「百均で買ってきたiPhone 7/8用のガラスフィルム」をiPhone SE(第2世代)に貼って、本当に浮くのか浮かないのかをチェックしていきます。

用意したフィルムは2種、4枚

用意したフィルムは2種、4枚。
Deffからご提供頂いたフィルムが「表示部分を覆うタイプ」と「ベゼルまで覆う全面保護タイプ」の2種だったので、百均でも同じタイプのガラスフィルムを用意しました。

ちなみにDeffにご提供頂いたフィルムは見ての通りパッケージなしの試供品。現在、通販サイトや家電量販店で購入できるものと中身は同じとのことですが、そこだけ事前にご理解頂ければと。

表示部だけを覆うタイプのガラスフィルム

割と街中でもiPhone 6~iPhone 8で「表示部だけを覆うタイプのガラスフィルム」を貼り付けている人の方を多く見かける気がします。
値段安いし、ケータイショップで購入時におまけしてもらえることも多いタイプのガラスフィルムといえばこのタイプですね。

まずは百均で購入したiPhone 7・8用のを貼り付けた結果から。
見事にフィルムの端が浮いています。画面を点けても気になる浮きで、貼り付けた直後から浮いている部分に埃が入りこむため「間に合わせ」ならいいかもしれませんが、常用するにはちょっと厳しいです。

続いてDeffの「High Grade Glass Screen Protector for iPhone SE(第2世代)」を貼ってみました。
流石実機で浮きがないことを確認しているだけあって、端のラウンドした部分でも浮いていません。

ベゼルまで覆う全面保護タイプのガラスフィルム

続いてベゼル(ディスプレイ枠)まで覆う全面保護タイプのガラスフィルムで浮きを確認していきます。

まずは百均で買ったiPhone 7/8用のものから。
全面保護フィルムは貼りやすく、割としっかり気泡も抜けていくものが多いのですが、かなり強く気泡押し出しても矢印の箇所が浮いてしまいます。

完全に余談ですが、行った百均(ダイソー)に在庫があったのが白枠のものだけだったので「確認のためだからいいや」と買ってみたものの、枠の白から本体の黒が透けてしまい写真で見るよりも実機は情けない姿になります。もし全面保護タイプのガラスフィルムを買う場合、元々が黒いベゼルの機種なら黒枠のものを選んで買うことをオススメいたします。

続いてDeffの「TOUGH GLASS 3D for iPhone SE(第2世代)」を貼ってみました。
こちらは貼り終わった時点で残った気泡を押し出せば見ての通りキレイに貼ることができました。
もちろん、縁の部分が黒なので一体感も完璧です。


iPhone SE(第2世代)にiPhone 7/8向けのフィルムを貼り付けた場合に浮いてしまう問題ですが「その可能性が高い」と筆者の耳に入ったのは発売の前々日。
こんなご時世なので「iPhone SE(第2世代)で絶対に浮かない!」とサンプルを提供してくれたDeff以外のフィルムを用意し、比較するには少しばかり時間が足りなかった気もします。
が、結果で言えば「実機で貼り付け、浮かないことを確認して「iPhone SE(第2世代)に対応」を謳うガラスフィルム」を選んだ方が安心なのは間違いないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました