au、2月28日より一部機種を値下げ。4G世代の高性能機種をお買得に購入するチャンス。

ケータイ

2月28日からauの一部機種の本体価格が値下げされています。

対象機種は2019冬モデルとして登場したXperia 5 SOV41や1月末に発売になったばかりのAQUOS zero2 SHV47といった最新モデルや、Galaxy S10 SCV41といった定番モデルなど全部で10機種。
すでにau Online Shopでの販売が終了している機種も含まれており、そうした機種については実店舗でも探さないと見つからないかも。
値下げ幅は5,000円程度から、機種によっては4万円以上値下げされているものもあります。

また、今回の値下げ後であってもau Online Shop限定のキャンペーンとして実施されている「au Online Shop お得割(新規・のりかえ)」の併用が可能で、新規・のりかえでの購入に対して更に最大2.2万円の割引価格で購入が可能です。

au Online Shop、新規・のりかえが最大22,000円割引!対象はiPhone、Android、さらにiPadなどタブレットも!
...
スポンサーリンク

2月28日から値下げされた機種

対象機種はiPhoneで2機種、Androidスマートフォンで8機種の合計で10機種。
au Online Shopで取扱中の機種は表中に「○」もつけておきましたので、価格共々購入の参考にしてもらえればと。

機種本体価格(値下前)本体価格(値下後)オンライン
在庫状況
iPhone
iPhone XS 64GB
124,560円79,920円
iPhone 7 32GB
40,320円
Androidスマートフォン
Xperia 5 SOV41
90,720円81,400円
Xperia 8 SOV42
49,680円44,645円
Galaxy Note10+ SCV45
118,800円109,505円
Galaxy S10 SCV41
90,720円88,165円
Galaxy A30 SCV43
32,400円28,180円
AQUOS zero2 SHV47
97,200円82,100円
AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
46,080円39,660円
BASIO3
50,400円33,000円

KDDIは5Gのサービスインを今春に予定しているため、まさに秒読み段階。
しかし当面の間はエリアがどれだけ用意され、どのくらい広がっていくかも現段階では不明ですし、多くの人は「今の速度」「今のエリア」に不満がないかと思われます。
他社の言葉を借りれば、2019年内に発表・発売されたスマートフォンは「4Gの集大成」とも言える完成度の機種も多いため、いい意味で枯れて安心できる機種を安価に購入できるチャンスとして、今春の購入を予定している人は今回値下げされた機種を候補に入れて検討してみてはいかがでしょうか。