本日最終日。NTTドコモ、iモードの新規契約受付を2019年9月30日で終了。

ケータイ
この記事は約2分で読めます。

NTTドコモのフィーチャーフォン(iモードケータイ)向けのインターネットサービス「iモード」の新規契約受け付けが2019年9月30日で終了。つまり、本稿を書いている「今日」で終了です。

iモードの新規契約受付が終了することは4月末に新料金プランと共に発表済。
「あ、終わるんだ」という感想こそ見かけたものの、それ以降大きな話題になっているのを見た記憶はありません。

報道発表資料 : 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始 | NTTドコモ
新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始いたします。

iモードの新規契約受け付けこそ終了するものの、同サービスの提供はまだまだ続きます。
NTTドコモの3Gサービス「FOMA」の終了も2020年代と予告されているため、それらの終了までは引き続き利用できるものと考えられますが、一時代を築いたサービスの新規終了受付はそれなりに寂しさを覚えます。

アイキャッチ画像は本日撮影したもの。
iモード、そして3Gサービスが終了するその日をこの目で見届けたいと思い、適当な回線にiモード契約を追加して撮影しました。
数年ぶりに表示したiMENUは随分と見た目が変わっていますが、お知らせにある通り「iエリア」は9月25日で終了。メニューリストから先の「公式サイト」も年々フィーチャーフォン向けのサービスが終了しアクセスできなくなるなど、iモードが続いても満足に利用できる期間は残り僅かだと感じます。

なお、auは2022年3月末で3Gサービスについて停波予定。SoftBankは既に一部周波数帯でのサービスを終了しており、3Gサービス全体の終了は明言していないモノの、NTTドコモやau同様に2020年代のどこかで終了するものと思われます。
直近では、2020年7月31日を持ってY!mobileのPHS向け料金プランが終了し、事実上のサービス終了を迎える予定です。
※法人向けテレメタリングサービスは継続されるため、停波は未定です。

コメント