SoftBankのGoogle Pixel 3a、家電量販店では他社からのりかえなら「6万円還元」で予約受付中

キャンペーン
この記事は約3分で読めます。

SoftBankが5月17日に発売を予定している「Google Pixel」の最新モデル「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」。
この2機種について、家電量販店では他社からののりかえで購入で最大60,000円の割引・還元を実施するとアナウンスされていたのでご紹介です。

SoftBankのスマートフォンについて、家電量販店で実施されている「○万円の割引・還元」ですが、適用条件は「料金プランはウルトラギガモンスター+を選択」「本体代金を48回払いで購入すること」の2つ。
料金プランは翌月からミニモンスターに変更もOKと案内されていますし、ウルトラギガモンスター+(データ定額50プラス)は契約月の料金が日割り計算になるため、そこまで重たい負担にはならないでしょう。

割引・還元は「本体から値引き」or「本体は値引かず商品券やポイントで還元」のどちらか、または選ばせてくれる場合もあります。
本体から値引きを選ぶ場合は「48回払いがシステム上で組めるギリギリまで値引きを行い、割引・還元の残りは商品券等で還元」となる点は注意が必要です(=一括0円で購入とはならない)

例えば、Pixel 3aの場合は本体価格が60,000円を下回るため、50,000円を本体の割引に充当。
残った10,000円は商品券やポイントで還元されるといった仕組み、内容で案内になります。

機種本体価格割引額割引後の本体価格
Pixel 3a57,120円54,000円3,120円
(65円/月)

表の通り、本体価格へ値引きを適用する場合、適用できる割引額の税込分で割り引くため、店頭掲示のポスター・チラシなどよりも割引・還元の総額は大きくなるのでお買得度はこちらの方が高くオススメです。
残った数千円の分割支払いですが、48回と長期になるので「契約後にショップで分割の精算」も購入後に検討するといいかも。
分割の精算ですが、翌々月の引き落としで通信料とまとめて引き落としになるため、その月の請求だけ僅かに高くなりますが、それで「SIMロック解除が行える」「分割が残って次の機種変更で分割が組めない」といったことはなくなるため、このキャンペーンを利用して購入する場合は、購入後早々の分割の精算も忘れずに行うといいでしょう。

注目度の高い機種が発売前から大幅な割引・還元が告知されるのは最近の新機種にしては異例。
Pixel 3aの本体価格はSoftBankとGoogleストアで1万円ほどSoftBankの方が高く案内されていますが、回線もセットでの購入であればこうしたおトクなキャンペーンも用意されているため「SoftBankで買うと高い」ではなく、一度店頭に足を運んで、キャンペーンの有無などチェックしてみるといいでしょう。

▼ SoftBankでPixel 3a・3a XLを購入した場合の月額料金は以下の記事でご紹介中。

5月17日発売。SoftBankのGoogle Pixel 3a・3a XLの月額料金をチェック。
Googleが5月8日(日本時間)に発表した最新スマートフォン「Google Pixel 3a」と「Google Pixel 3a XL」。 国内でもGoogleストアでのSIMフリーモデルの予約・販売がスタートしていますが、国内事業者と...

コメント