あともう少しで31歳。毎年恒例、欲しいものリストを公開。

雑記
この記事は約3分で読めます。

誕生日っぽいアイキャッチ画像をフリー素材や過去に撮影した写真で探しましたが、見つからなかったので「31歳」に掛けて「KYF31」で失礼したします。

というわけで、毎年恒例になってきましたが間もなく誕生日なので「欲しいなぁ…」と考えているものを適当に放り込んだAmazon.co.jpの欲しいものリストを作成・公開です。

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう

なんとなくそのうち買おうと考えているもの、日常的に消費しているので買わないといけないものが入っている状態なので「クロポンモビの中の人は、普段こんなものを買っている」とか「クロポンモビの中の人が次にTwitterで何か書きそうなのはこのへんだな」とか思って眺めてもらってもいいかもしれません。

スポンサーリンク

29歳と30歳と31歳

20代が終わって30代に突入した1年でしたが、29歳が30歳になったところで変わることってほとんどないんですよね。

変わったものを挙げるとすれば、それは「意識」かも。

29歳から30歳で極端に体力が下がって運動ができなくなるとか、病弱になるということはありません。
徐々に徐々に体力の衰えを感じていくところ、30歳になって「疲れがとれないなぁ…」と考えたとき、それを年齢のせいにすることが増えた気がします。
同時に30歳だからと以前ならば「疲れてしまっても仕方がない」と徹夜になりそうな誘いにも首を縦に振ることが多かったのが、絶対に翌日、翌々日に響くとわかっているので首を横に振ることが増えました。

30歳を言い訳にする、というのは嫌なので、30歳なので今まで以上に先のことを考えて行動するように心掛けるようになった、とポジティブな思考でいきたいところ。
もちろん、それは31歳になっても同じです。
30歳を目前に控えた29歳の終わりにジム通いなど始めてみたり、体の不調はなるべく早めに対処しようと無理だと思った日には早寝を心掛けてみたり、節目に自分との付き合い方を見直した1年でした。多分これはこの先も継続していくべきことだし、より加齢と老いを重ねたらもっと神経質に気にしていく部分だとは思うのですが、早め早めに「無理をしない」ができるようになっておくのは大事なんじゃないかなと、周りの無理をしている人には言っていきたいと思う今日この頃です。

あと、30歳を迎えたと同時に、娘が今年度は小学校にあがったことも大きいかも。
自分のライフステージが30代という次のステージにあがったタイミングに、我が子も小学生にあがったことで考えることは増えました。いや、まぁ一番は親同士の付き合いを今まで以上に気にするようになったことが最もなんですが。
今年度は早速PTA役員なる大役を引き受けて頑張ってます。

と、そんな感じで、29歳と30歳、30歳と31歳、隣合った年齢ですが、肉体以上に意識の面では変化のある歳でした。

欲しいものリストからのポチッ、待ってます。

流石に僕は漫画家じゃないですし、昨年引っ越しをした結果、カラーコーンを置く場所がなくなってしまったのでカラーコーンは勘弁してください。
なんとなく、日々の記事で参考になったよ!という気持ちがある人は、適当に何か贈ってくれると今後の更新の励みになります。

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう
雑記
スポンサーリンク
kuroponをフォローする
クロポンモビ

コメント