一括648円。ジョジョスマホ「JOJO L-02K」、買ったら月々いくらになるのか。

ケータイ

1月18日から「一括648」と、発売時の13万円近い本体価格からは想像できないほどの値下げが行われた「JOJO L-02K」。

【1/18~】機種変更でも648円!ジョジョスマホ、最終処分の投げ売りへ。
...

13万円近い本体価格は一切の月額料金や本体代金への割引キャンペーンが適用されないという強気の価格が仇となり、注目こそ集めるもファンであっても買うのを躊躇われたのか、1万台限定モデルながら現在投げ売りされている状態になっています。

ただ、この値下げで「648円だったら欲しい」と買い替えを前向きに検討する人も多く、ドコモオンラインショップでは1月18日の値下げ以降飛ぶように売れ、値下げ後の土日は品切れ、本日1月21日に再入荷するもこちらもいつまで在庫が続くのかはわかりません。

また、この値下げで「買おうかな」という人の中には「毎月いくらかかるんだろう」という声もSNSの反応で見られたため、今回は「一括648円でJOJO L-02Kを買ったら毎月いくらになるのか」をご紹介していきます。

スポンサーリンク

本体価格

まずは本体価格をおさらい。

機種 購入方法 本体価格 端末購入サポート 割引後金額 解除料
JOJO L-02K
MNP
新規契約
機種変更
契約変更
125,712円 ▲125,064円 648円 62,532円

冒頭にも書いた通り、13万円近い本体価格がキャンペーン値引きによって648円に値下げされています。
この「648円」は一括払いの金額となり、総額数万円の頭金が648円ではありません。648円を払ってしまえば本体代金の支払いは終了です。

648円の支払いは「ドコモオンラインショップ」の場合、ドコモユーザーであればdポイントで支払うこともできますし、毎月の支払い方法に設定するクレジットカード等を用いて支払うことも可能。もちろん、代引き手数料が別途324円かかりますが、代引きでの支払いも可能です。

JOJO L-02Kを購入する

毎月の料金

続いて月額料金。
ドコモのスマートフォン料金ですが
 1) 自分ひとりだけがドコモユーザー
 2) 家族みんなドコモユーザー
かで料金が変わってきます。

1)の場合、データ通信料が「使った分で変わるプラン(ベーシックパック)」と「予め20GB or 30GBの大容量プラン(ウルトラデータパック)」の大きく分けて2つから選ぶことが可能です。
2)の場合、家族全員でデータ量を分け合って利用する「シェアパック」での利用となります。

これを踏まえて、以下の3パターンで料金を試算しています。
 Case 1) 通話定額なし。データ通信料は使った分で変化(シンプルプラン+ベーシックパック)
 Case 2) 通話定額なし。データ通信料は月間20GBまで速度制限無しで使える大容量プラン(シンプルプラン+ウルトラデータLパック)
 Case 3)通話定額なし。家族とデータ容量をシェアして使うプラン(シンプルプラン+シェアオプション)

もし、Case 3に該当する場合、家族のプランを変更しないといけない場合もあるため、そのときは一度当ブログにお問い合わせ頂くでもいいですし、近隣のドコモショップなどで月額の相談をしてみるといいでしょう。

以下で算出した料金ですが、消費税やユニバーサルサービス料など、細かな計算の都合、実際の請求よりも数円~数十円の差が出る場合がありますので「参考価格」として頂ければと。

また、
 5分までの通話が定額となる「カケホーダイライトプラン」を選んだ場合は約800円の追加
 国内通話が24時間定額となる「カケホーダイプラン」を選んだ場合は約2,000円の追加
となりますので、通話定額プランが必要な場合は適時読み替えてください。

JOJO L-02Kの月額料金
Case1 Case2 Case3
基本プラン 980円
ネット接続料
(spモード)
300円
データ定額 2,900円 6,000円 500円
月々サポート ×
本体代金 ×
合計金額 4,514円 7,862円 1,922円

データ通信量が1GB以内に収まる、かなりライトな使い方をする場合、Case 1の月額「4,514円」が通常に契約・購入した場合の最安料金です。流石に1GBじゃ足りない…と、5GB程度まで使うとCase 2の20GBまで速度制限のないプランを選んだ場合と月額の差がほぼなくなってきます。
現実的な毎月の使用料として考えると、約7,000~8,000円と考えておくといいでしょう。

また、今回の大幅値引きは「端末購入サポート」というキャンペーンの適用が必須です。
このキャンペーンを適用し、大幅値引きを受けてスマートフォンを購入した場合、契約月(購入月)を含む最長14ヶ月の間に
 ・指定された基本プランやデータプラン以外に変更
 ・機種変更
 ・解約や他社へのりかえ
を行うと、本体価格の表に設けた「解除料」欄の高額な解除料が2年契約の解除料とは別に発生してしまいます。
つまり、安くJOJO L-02Kを買った場合は1年間はドコモを使った方がいいということ。2年目以降は通話のみのプランに変えて最安で維持をする、ないしは他の会社に乗りかえるといった事も可能です。
本体だけ欲しいので、648円で買って最安の基本料だけ払う!というのは、契約から1年間は行えません。

まとめ:買うときは648円、毎月は5,000~8,000円

JOJO L-02Kを購入するとかかる本体代金はたったの648円。本当に安いです。
そして毎月の料金は、Wi-Fi利用が主などデータ通信を少なく抑えられれば5,000円以下、それは難しいので普通にデータ通信使うよ!という場合で約8,000円ほど。
スマートフォンの月額としてはそこまで高いわけではなく、ジョジョの奇妙な冒険のファンとして機種変更やのりかえで購入して大幅に損をする月額料金ではないということが伝われば何より。

JOJO L-02Kを購入する

また、本体価格の項でも書きましたが、ドコモショップ等での購入は648円より高い価格になるかもしれません。
ジョジョは大好きだ!けど、少しでも安く済ませたい……という人は、不慣れであってもドコモオンラインショップでの購入を検討してみてはどうでしょうか?
契約・購入の際に一度だけ発生する「契約事務手数料」の3,240円 or 2,160円も無料になり、本体価格は648円で済みます。
最安で購入したい人はドコモオンラインショップでの購入がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました