ケータイからスマホの買い替えは今がお買得。NTTドコモの「ウェルカムスマホ割」でスマホデビューがオススメ。

キャンペーン

NTTドコモが11月から実施している「ウェルカムスマホ割」。
すでにスタートから一ヶ月以上が経過しているキャンペーンですが、年末年始で家族や親戚が集まるタイミングこそ、まだフィーチャーフォンを利用している人がスマホに安心して買い換えできるチャンスになるため、改めて当ブログでも解説していきます。

スポンサーリンク

ケータイからスマホの買い替えで利用料が1年間お買得に!

ウェルカムスマホ割はケータイからスマホの買い替えで、一年間利用料から1,500円(税込1,620円)を割り引くキャンペーンです。
対象となるのは現在ドコモを利用しているユーザーだけでなく、他社のケータイを利用している人でもOKです。

NTTドコモユーザーであれば
 ・iモードケータイ
 ・spモードケータイ
 ・キッズケータイ
 ・らくらくホン
から、各種スマートフォンへの買い替えが対象。

他社ケータイからののりかえの場合、「ガラケー」「フィーチャーフォン」からドコモのスマホに買い替えでウェルカムスマホ割が適用されます。
※auであればWINと書いてある機種、SoftBankであれば銀色の大きいUSIMカードが入っている機種といえばわかりやすいかもしれません
※または「Android」や「iPhone」でない機種、と言えばもっとわかりやすいかも。

スマホに買い替えたら高いんじゃない?

使い慣れたケータイから買い替えた場合、気になるのは毎月の料金です。
いくら一年間、基本料金がお得になる!と言われても、二年目以降の料金がものすごく高くなるのであれば躊躇してしまいますよね。

NTTドコモは主にスマホに向けて「シェアパック」という料金プランを用意しています。
シェアパック?なんぞや?と考えてしまった人は「鍋」をイメージしてもらうとわかりやすいかも。
スマートフォンの料金が高止まりしているのは「データ通信料」が割高なことが理由なのです、NTTドコモは通信容量の詰まったデータパック(鍋)を家族皆で少しずつつ取り分けて使うプランが用意されています。
一人で食べるには量が多く、割高にもなる鍋を、皆でシェアして食べる分にはお得に感じますよね。
特に年末年始で家族や親戚が集まるタイミングであれば、この鍋をつつく仲間=シェアパック・シェアグループに入れてもらう手続きも容易に行えますので、ケータイからスマホに買い替えるには料金の相談がしやすいタイミングなのです。

で、結局いくらになる?

そんな鍋を一緒につつかせてもらう仲間に入れてもらえたとして、ケータイからスマホに買い替えると毎月いくらになるかは以下の通り。

1年目2年目
基本料金1,058円
(シンプルプラン)
ネット接続サービス324円
(spモード)
データ通信料540円
(シェアオプション)
ウェルカムスマホ割▲1,620円
月額合計302円1,922円

これ以外に本体代金が別途発生しますが、最も安い機種であれば「本体の分割払い」と「通信料の割引」がほぼ同額になるため、毎月の負担は表中の金額と大きく変わりなく、ケータイからスマホに買い替えることが可能です。

ちなみにNTTドコモのケータイを、なるべく安い料金プランを契約した場合にかかる月額料金は
 タイプSSバリュー + iモード + パケ・ホーダイ ダブル = 1,803円
 タイプシンプルバリュー + iモード + パケ・ホーダイ シンプル = 1,126円
あたりでしょうか。
スマホに買い替えた場合にかかる月額料金は誤差の範囲と言い切れる人の方が多いのではないでしょうか。

docomo withとの組み合わせでさらにお得に。

さらにケータイからスマホに買い替える人にオススメしたいのが「docomo with」。
本体価格が3万円~4万円ほどと安価ながら電話、メール、LINE、ブラウジングやマップの利用、ちょっとしたゲームで遊ぶなら性能的に問題のない機種が多数ラインナップされています。

型落ちモデルながら未だに人気の高い「iPhone 6s」を一例に、docomo withとして端末を購入、料金の割引を受け、さらにウェルカムスマホ割を適用した場合の料金は以下の通り。

1年目2年目3年目以降
基本料金1,058円
(シンプルプラン)
ネット接続サービス324円
(spモード)
データ通信料540円
(シェアオプション)
docomo with▲1,620円
ウェルカムスマホ割▲1,620円
本体代金
(分割24回)
1,728円
月額合計1,728円2,084円302円

docomo withで購入した場合、一年目はウェルカムスマホ割と二重で割引が適用されるため、毎月の料金は「本体代の分割払いのみ」に。
2年目はウェルカムスマホ割がなくなってしまいますが、本体代の分割払いと僅かな通信料のみしか発生しません。
注目すべきは3年目以降で、docomo with対象の料金プランを使い続ける限りは割引が継続されるため、機種代金の支払いを終えた後は毎月ワンコイン以下の料金でスマホを利用することが可能です。


ウェルカムスマホ割はパッと見は「一年目だけ安い」キャンペーンに見えますが、docomo withと組み合わせることで2年目以降もお買得にケータイからスマホに買い替えて利用できるキャンペーンです。
もちろん、docomo withに限らず、12月14日からは高性能モデルもお買得に購入できるよう値下げになるなど、ケータイからスマホへの買い替えがお得な時期がこの年末年始にやってきます。
何度も書いている通り、家族や親戚が集まるこのタイミングこそ
 ・ケータイからスマホに買い替えても料金が高くならないか
 ・スマホに慣れた家族に操作方法を教わることができる(ないしは、教えることができる)
となるため、長らく使ってきたケータイから、平成最後の年末年始にスマホデビューはかなりオススメ。

また、少しでもお得に買い替えを行いたい場合は「ドコモオンラインショップ」での買い替えも検討してみてはどうでしょうか。
ケータイからスマホへの買い替えで発生する事務手数料3,240円がオンラインショップであれば無料に。
お店毎に実施する独自のキャンペーンを考慮しなければ最も安くスマホに買い替えが可能です。

コメント