今晩23時59分までお得。プライムデーでポチったもの。ポチりそうなもの。

なんだかんだで盛り上がっているAmazon.co.jpの大特価セール「プライムデー」。
昨日はセール開始直後にこの辺がお買得やぞ!と、ざっとセールを見て気になったものをまとめてご紹介しました。

7月16日正午からスタートしたAmazon.co.jpの大特価セール「プライムデー」 定期的に実施されるセールの中でも、年間を通し...

お得なプライムデーは36時間限定開催ということで、本記事の公開時点で残りは約16時間ほど。
TwitterやFacebookでは「これポチっちゃった」という購入報告を既に20時間ほど見ているわけですが、筆者も漏れなくいくつかポチってます。
そんなわけで、今回ポチったものと、まだ購入できる特価の中から意識を失ったらポチりそうなものをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ポチった

まずはポチったもの。

30歳の誕生日にPeach BreezeのていなさんにもらったAnker PowerCore Fusion 5000をおかわりしました。

通常価格は2,599円のところ、プライムデーの特選タイムセールで2,079円で購入可能です。

Anker PowerCore Fusion 5000は5,000mAhのモバイルバッテリーで、USBポートが2つ=2台同時に充電可能。
5,000mAhと聞くと容量が少なく感じますが、スマホのバッテリー容量が2,500mAh~3,500mAh程度なので1.5回分充電できれば十分です。
それに、Anker PowerCore Fusion 5000はコンセントに直接挿して自身を充電できるだけでなく、コンセントに挿しているときはACアダプタとしてスマホの充電を行うようにもなっています。
つまり、外出先で電源さえ確保できればACアダプタとしてスマホを充電し、移動中は内蔵バッテリーでスマホを充電できるハイブリッド型。なので容量が少なめでも2回以上のフル充電が行える可能性がありますし、旅行の際に荷物を減らす役割も果たすなど最高に便利なのです。

割引額としてはそこまで大きくないですし、モバイルバッテリーが寿命を迎えているなんて人もそんなにいないとも思いますが、持ち歩きをスマートにするアイテムとしてはマジでオススメです。

次にポチったのはプロテイン。
定番ですが、明治・ザバスのプロテインがプライムデーで各種お買得になっています。
ぶっちゃけてしまえば、ドン・キホーテあたりだといつもこのくらいの値段で買えるんですが、このクソ暑い中わざわざ買いに出るのも面倒なのでポチっと。

齢30を迎えて体力が落ちたなぁ…と感じることが多くて、昨年末から真面目にジムに通っていたり、ブログや寄稿先への原稿を書くのに一日中家にいると普通に食事をすると摂取カロリー…というより糖質過多になりがちなので、適当にプロテインに置き換えるようにしています。

あと、注文したのは格安SIMのエントリーパッケージを適当に。
こういうブログなので、定期的に格安SIMを新規に開通して…なんてことがあります。
エントリーパッケージを購入・利用すれば契約事務手数料等、3,000円~の初期費用が数百円で済むので利用しない手はありません。
だいたい500円~1,000円くらいで普段は購入できるのですが、そこからさらに50%オフになっているので、もし契約しないとなってもこの価格なら「まぁいいか」となりますし。

もし特価になっているエントリーパッケージの中に、今後契約を予定している格安SIMのものがあれば、今のウチに買っておくのがオススメです。

あと、プライムデーは関係ないんですが、インベスターZがまとめ買いで安くなっているので購入。
21巻(最終巻)まで購入しても、なんと驚きの641円です。
作者は「ドラゴン桜」の三田紀房氏。丁度深夜ドラマも始まって名前を聞くことが多かったので、安いし読んでみようかなと。

と、今時点で買ったのはこれくらい。
割とデカい買い物はしていません。色々悩んだりもしているんですが。

ポチりたい

そしてポチりたいのは以下のもの。

まずはスマホ。使い道を聞かれたら答えられないし、既に後継機種も出ているので今から買ってレビューを書いてもなぁ…というところ。そもそも、先代モデルの「G5 Plus」持ってるし。
けど、ニンバスブルーの色がキレイで好きなんです。

ちなみに機種としては、重ための3Dゲームで遊ばない限りは十分快適なミドルレンジの1台です、Moto G5S Plus。
デュアルカメラは背景ぼかし用、ズームや高画質化に貢献するものではありませんが、雰囲気のある写真を撮って楽しむには十分で、SIMフリースマホデビューや格安SIMデビューには最適な一台です。

そしてテレビ。
自室は4K BRAVIAなのでいいんですが、他の部屋のテレビをなんとかしたい…なんていうお気持ち。
(実際そっちでテレビ等々見ること希なんですが)

ただ、4K放送に対応するモデルは今年の末に向けて各社から出てくる予定。
となると、自室のBRAVIAをそのうち別室にお下がりにして、最もよく使う自室のをその頃に4K放送対応・有機ELとか狙っていった方が無駄がないんじゃないか…?みたいな悩み。

んでも、4K HDR対応の55インチが7万円で買えるってすげー時代ですよね。LGだから安いってのもあるんでしょうけど、それにしても安い。安すぎる。

あと、現実的に選択肢としてアリだよなーとなっているのがBOSEのQuietComfort 35。
ノイズキャンセリングヘッドホンとしては老舗ブランドですよね。12年前に最初に勤めた会社の上司がQC 15買ってドヤられたの覚えてるんで、QuietComfortブランドも長くなったもんだ。
家の前がそれなりに騒がしく、時々騒音が気になったりもするので強力なノイズキャンセリングヘッドホンは欲しいんです。んでも、BOSEのまるっこい音はそんなに好みじゃないし、音楽視聴よりはNCのためだけにこの値段は…うーん、という悩み。

カメラ関係で三脚。それも小さめのトラベル三脚がとても欲しい。
カーボン三脚を選んで軽くしたいというのはもちろんなんだけど、それ以上に持ち運び時の全長を小さくしたいのでトラベル三脚が欲しいんです。
ただ、この価格なら他でセールやってたりするともう少し安いかな…?と思ってしまったり、マンフロットだと最近はコンパクトなモデルは「Befree」シリーズの方がヨサゲなんだよなーなんて考え出して、ポチっといけない感じ。

最後に、やっぱり悩んでしまうのがHappy Hacking Keyboard。
別に有線接続でも無線接続でもどっちでもいいんですが、やっぱり打ち心地のいいキーボードってのは1日中キーボードを叩いているので気になります。

基本的にはThinkPadのトラックポイント派なんですが、ただただタイピングしているだけならまだしも、ポインター操作がとことん多い日が続くと結構指にきます。
そんなとき、トラックボールが欲しくなるし、トラックボールを導入するならトラックポイントを捨ててキーボードも打鍵感に定評があるキーボードを導入したいってなるじゃーないですか。なりますよね?

ここ数ヶ月、LogiのMX ERGOとHHK or RealForceなんて妄想をしているので、ちょっとお得になってると結構考えちゃいますね。

そんな感じで、ポチれてないけどポチりそうになったものはこんな感じ。


Amazonの場合は「夏のプライムデー」「年末のサイバーマンデー」のタイミングで「そのうち買おう」なんて考えていたものが特価で出てくるので、ついついポチってしまったり、ポチってしまうかスゴい悩んだりするイベントです。
どうしてもデジタル機器などデジモノ系の特価ばかりが目立ってしまいがちですが、筆者が購入したプロテインのような日用品・消耗品のまとめ買いなども安くなっているので、どうせ数ヶ月毎に買ってしまうものなら、この期に3ヶ月~半年分をまとめてポチっといってしまうのも、いいのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする