au 2018夏モデルの本体価格・割引をまとめてご紹介。P20 liteは32,400円!高コスパ!

ケータイ
この記事は約4分で読めます。

既報の通り、auは5月14日、2018年夏モデルとしてAndroidスマートフォンを始め、8機種を発表しました。

au 2018夏モデルを8機種発表。Galaxy S9・S9+を5月18日から販売開始。待望のXperia XZ2 Premiumの取り扱いも!
auの2018夏モデルが発表になりました。 今回のラインナップはAndroidスマートフォンとして新機種が6機種、かんたんケータイが1機種、新色追加が1機種の合計8機種です。 先月末から原宿 Galaxy Studi...

発売は5月18日に予定されている「Galaxy S9 SCV38」「Galaxy S9+ SCV39」が今回発表の中では最短。
以降、5月下旬~8月中旬にかけて順次発売が予定されていますが、現時点で判明している本体価格や割引について、まとめてご紹介です。

なお、auは
・LTEプランやカケホとデジラ
 → 24回払い
 → 毎月割適用
・auピタットプラン・フラットプラン
 → 48回払い
 → アップグレードプログラムEX(略してUGPEX)の利用で後半の24回の支払が免除
と、購入方法と割引の仕組みが大きく2パターンに分かれています。

以下にまとめる表についても、なるべくそれぞれの仕組みがわかるように組んだつもりですが、少々わかりづらかったらごめんなさいm(_ _)m

スポンサーリンク

au 2018夏モデルの本体価格

現時点で判明している中だと最も高価なのは「Galaxy S9+ SCV39」の11万円超。
また、高コスパで今夏モデルでは強く支持されそうなのが「HUAWEI P20 lite」の約3万円という値付けです。

機種発売予定本体価格支払回数月々の支払い額毎月割
UGPEXでの割引額
実質負担
Galaxy S9 SCV38
5月18日95,040円24回3,960円▲1,980円
(総額47,520円)
47,520円
48回1,980円▲47,520円
Galaxy S9+ SCV39
5月18日112,320円24回4,680円▲2,340円
(総額56,160円)
56,160円
48回2,340円▲56,160円
Xperia XZ2 SOV37
5月下旬95,040円24回3,960円▲1,980円
(総額47,520円)
47,520円
48回1,980円▲47,520円
AQUOS R2 SHV42
6月上旬95,040円24回3,960円▲1,980円
(総額47,520円)
47,520円
48回1,980円▲47,520円
HUAWEI P20 lite HWV32
6月上旬32,400円24回1,350円▲675円
(総額16,200円)
16,200円
48回675円16,200円

auの価格設定は割とシンプル。
Snapdragon 845を搭載したハイエンド機種の「Galaxy S9 SCV38」「Xperia XZ2 SOV37」「AQUOS R2 SHV42」の3機種は本体価格も割引も同じ価格になっているため、値段で迷わず機能や見た目で選んでOKです。
購入のハードルが少し高めなのが「Galaxy S9+ SCV39」ですね。10万円を超える価格設定になっているため、分割購入の場合は審査が少し厳しめになるので注意が必要。

そして一番の注目株(筆者として)である「HUAWEI P20 lite HWV32」は32,400円。
これなら一括で購入できる価格ですし、今後出てくるかもしれない「SIMフリーモデル」や「UQ mobile向け」でも価格は似たような設定になるでしょうから、大手携帯電話会社のラインナップによくある「キャリア価格は高い」といったことがないのは素直に喜んでいいところでしょう。

なお、現時点で
 7月上旬予定 かんたんケータイ KYF38
 8月中旬予定 Xperia XZ2 Premium SOV38
の価格は不明。
いつも通りならば、かんたんケータイは3万円前半、Xperia XZ2 PremiumはXperia XZ2が10万円弱に設定されていますので、11万円前後の価格になるのではないでしょうか。

これら新機種については、発表のあった本日から各所で予約がスタートしています。
au直営のオンラインストア「au Online Shop」での予約は本稿執筆時点ではスタートしていませんが、auショップや家電量販店では順次開始になっていますので、気になる機種がある方はお早めに、自分の都合のいい店舗等での予約がオススメです。

コメント