Mの気になる「背中」を保護。ミヤビックスの背面保護フィルムを貼ってみた。

先日購入、常用端末に追加(今後どうなるかは知らん)したM Z-01K。
外側に折りたたむ特徴的な機構を採用しているため、普段使いで「背面」にくるディスプレイの保護にもかなり気を遣うのですが、それ以外にも「開いた状態」の背面も、ちょっと傷や汚れが気になるかもなーと。

背面はこの通り、つや消しなので手垢がベタベタと残って汚くなることはありませんが、使っているうちに出てくるであろう「擦れ」は目立ちそうです。
この手のブログだと何番煎じのネタかはわかりませんが、ディスプレイ側同様にミヤビックスの「OverLay Plus for M Z-01K 背面用保護シート (左右セット)」を購入、貼り付けてみました。

スポンサーリンク

キレイとは言えないけど、安心して使えるようになる

実際に貼り付けてみるとこんな感じに。
Mの背面はつや消しかつ、少しざらっとした質感になっているのでフィルムが均一に張り付きませんので、どうしてもモアレがかった仕上がりになってしまいます。

また、貼り付けできるのも背面全てではなく、一部はそのままになります。
これは実際にMを使ってみるとわかるのですが「発熱が大きな部分」や「段差があって凹んだ部分」「左右両方に貼り付けると、厚さが出て閉じづらくなる場所」を避けた作りになっています。

もちろん「擦り傷などの使用感」からの保護としてみれば全て覆えないのはマイナスですが、貼り付けエリアは「手に持つ・掴む場所」は保護されているので、使用してつくであろう汚れからの保護としては十分です。

なお、今回は汚れが目立ちづらい方がいいと判断し「アンチグレア」「低反射」のフィルムを選んで貼り付けましたが
・光沢
・傷修復
のタイプも用意されているので、フィルムの手触り、仕上がりのこだわりで3種類から好みで選べます。

表にこだわったら裏もこだわりたい

特徴的な2枚のディスプレイを守るのはもちろん、開いた状態で見える内側・裏面もMのデザインの特徴ですから、これから使っていく1台としてなるべくならこだわって大事に保護してあげるのが、これからMと付き合っていくのに必要なことかも。

そろそろ手元に届いて、使い始めて1週間。
2画面の使い方・コツもわかってきて「これなら持ち歩いて使い続けたい」と思い始めたところ。
このあたりはきっと近々、何か書く予定。