子育て応援プログラム特典「フォトコレクションプラス」の13ヶ月無料終了に注意。外し忘れると有料です。

NTTドコモが2016年11月から提供している「子育て応援プログラム」。
子供の誕生月にプレゼント代としてdポイント 3,000円分がプレゼントされるなど子育てに邁進するお父さん・お母さんであれば是非加入しておきたいサービスになっています。
すでに契約者数は100万人を超えており、筆者もサービス開始から間もなくして加入し活用しているサービスのひとつです。

その子育て応援プログラムですが、加入から最長13ヶ月の間は「フォトコレクションプラス」が無料で利用できるのですが、丁度今の時期に「無料期間が終わる」という人が増えてきており、不要な場合に自分から解除しない限りは毎月料金が発生してしまいます。

スポンサーリンク

フォトコレクションプラスって、何?

フォトコレクションプラスは、スマホで撮った写真を専用アプリで選択し、フォトブックを作成できるサービスです。

スマホで撮った写真を、フォトブックにしたり、クラウドで保存・管理。スマホの写真ライフをもっと楽しめるサービス「dフォト」をご紹介します。

月額280円でフォトブックが一冊もらえるというのは結構お買得で、実際に利用してみると誰かにプレゼントするのにも便利だったりもしますが、何枚も撮っている中から選んで…という作業は結構面倒臭く、活用している!という人は少ないかもしれません。

「使ってみれば便利」だけど「使わないでも困らない」サービスなのは間違いなく、子育て応援プログラムに加入すると同時に「無料だから入れておきますね」となっている人がほとんどでしょうから、冒頭にも書いた通り無料期間が終了した後、知らず知らずに毎月料金が発生するということが考えられます。

無料期間終了のお知らせは来ている(はず)

子育て応援プログラムの「フォトコレクションプラス 13ヶ月無料」について、無料期間終了のお知らせはドコモからのメール等で届いています。

また、Webで契約内容の確認、変更が行える「My docomo」でも確認することができます。

筆者の契約だと、今月末までが無料期間になっており、少し前から上記のように無料期間が終わることが目に付きやすい場所に表示されています。

契約内容の照会を行うと、こちらにも「2018年2月28日まで」と表示されています。

この記事を書いている時点で、筆者も「そろそろ終わり」とわかっていながら「まだ解約していなかった一人」なわけで、慌てて解約を行いました。

公私ともにそこそこのカメラを振り回している日常ですので、子供の写真も相当な枚数撮っており、その写真は家族共有のNASで管理。
筆者の妹も写真関係の学校・仕事に就いていたので、写真の選別や現像、アルバムの作成は自分たちで行っているため、フォトコレクションプラスを利用して…という場面は今までにほとんどありませんでした。

確かに「いいサービス」で「おもしろい取り組み」だとは思うのですが「デジタルだからいつでも印刷できる」のが当たり前の時代に「毎月月末までに、何がなんでも写真を選んでフォトブックにしないといけない」のは結構大変です。

お知らせが来てない…!という人は…

お知らせが来ていない、だけど無料期間が終わっていた…!という人は、3月以降の請求書で「返金」が行われるそうです。

無料期間の終了が2月末以降になる人は、お知らせの方法を改めているとのことで、うっかり無料期間が終わってしまった後の返金対応はなしとのこと。
なので、何かしらメールや手紙で「そろそろ終わる」とお知らせが来た人は忘れずに解除を。
見た記憶ないような…と思ったときは、こちらもMy docomoやドコモショップにて契約情報を確認し、不要だと考えている人は無料期間終了前に解除を忘れずに行いましょう。