NTTドコモ、ジョジョコラボのスマホ「JOJO L-02K」の事前予約を12月20日からスタート

NTTドコモの2017-2018冬春モデルのうち、3月以降に発売が予定されている「JOJO L-02K」。
ジョジョの奇妙な冒険の30周年を記念する限定モデルで、10月に行われた発表会では12月以降に詳細を発表するとアナウンスされていましたが「12月15日に情報公開」「12月20日から事前予約をスタート」と、正式にアナウンスされました。

スポンサーリンク

JOJO L-02Kの概要をおさらい

JOJO L-02Kのベースとなるのは、同じく2017-2018冬春モデルとして発売予定の「V30+ L-01K」です。

ドコモ スマートフォン V30+ L-01Kをご紹介します。

Googleが提供するVRプラットフォーム「Daydream」に対応するハイエンドモデルで、オクタコアCPUとなるQualcomm Snapdragon 835、4GBのメインメモリ(RAM)を搭載しています。
カメラはデュアルカメラ構成で、標準画角にくわえ、広角レンズが利用可能。iPhone XやGalaxy Note8の「2倍ズーム」ではありません。
6.0インチの有機ELディスプレイを搭載しスマートフォンとしては大型の部類ですが、本体重量は約158gと軽いのも特徴です。

JOJO L-02Kとしては、背面パネルが専用・コラボデザインに変更になっていることのみが、コラボモデルとして今わかっていること。
2012年に発売になった「JOJO L-06D」では、専用の壁紙やアプリ、さらにジョジョの奇妙な冒険 第一部のコミックスが収録され、起動画面からすべてジョジョ尽くし、ジョジョ仕様になっていました。

今回も原作者、荒木飛呂彦氏が全面監修とのことで、5年半の月日を経て高性能になったスマートフォンで、どのようなコラボモデルとして仕上がって登場するのか今から期待したいところ。
できることなら、V30+の強みである「Daydream」を活かし、ジョジョのVRコンテンツがてんこ盛りだったりすると同作のファンとしては嬉しいのですが。

予約は12月20日から

改めて、予約は12月20日から。
予約方法はドコモオンラインショップで、通常通りになるのか、それとも抽選になるのかも現時点ではわかりませんが、購入を予定している人は今のうちにオンラインショップのページをブックマークに入れておくなどするといいかもしれません。

JOJO L-02Kをチェックする

スポンサーリンク

シェアする

フォローする