ZenFone 2 Laserのパフォーマンスってどれくらい?AnTuTuベンチで他と比較してみた

ミドルレンジ、またはエントリーの扱いになっているASUS ZenFone 2 Laserですが、使用開始から5日経った本日時点までにこれといって動作面でしんどいな、不満だな、と感じたことが全くなく、かなり満足しています。
しかしそれでも気になってしまうのはベンチマークスコア。ZenFone 2シリーズだけでも最上位モデルのZenFone2(ZE551ML)とではどれだけ性能差が出るのか、また、ドコモ系MVNOのSIMカードを挿すのに持ってこい!と人気のXperia Z3とはどれだけベンチマーク上は性能に違いあるのか、どうしても気になってしまうので以下にまとめてみました。

さて、ベンチマークの結果の前に各モデルのスペックのおさらいです。

ZenFone2 Laser
(ZE500KL)
ZenFone2
(ZE551ML)
Xperia Z3
(SO-01G)
発売日(日本国内) 2015年8月8日 2015年5月16日 2014年10月23日
OS Android 5.0.2 Android 5.0.2 Android 5.0.2
CPU Snapdragon 410
1.2GHz/4Core/64bit
Atom Z3580
2.3GHz/4Core/64bit
Snapdragon 801AC
2.5GHz/4Core/32bit
RAM/ROM 2GB/16GB 4GB/32GB 3GB/32GB
画面サイズ
(解像度)
5インチ
HD(720×1280)
5.5インチ
FullHD(1080×1920)
5.2インチ
FullHD(1080×1920)

ZenFone 2 LaserのAnTuTuベンチマーク結果

Screenshot_2015-08-07-02-26-45Screenshot_2015-08-07-02-31-14Screenshot_2015-08-07-02-35-04

1回目 2回目 3回目
トータル 23290 23582 23326
マルチタスク 4182 4174 4170
Dalvik 2367 2367 2371
整数演算 2918 2921 2919
浮動小数点演算 2329 2307 2297
Single-thread integer 1218 1217 1220
Single-thread float-point 987 976 976
RAM演算能力 1148 1156 1156
RAM速度 1602 1673 1662
2Dグラフィックス 1034 1166 1096
3Dグラフィックス 3440 3520 3376
ストレージのI/O 1400 1445 1428
データベースのI/O 665 660 655

3回、連続して計測。
多少のばらつきはあるものの、トータルスコアは23000台をキープです。
トータルスコアとして一番優秀だった2回目のベンチマーク結果を、今度は冒頭で比較対象に挙げた機種と比べてみました。

ハイエンドモデルとのベンチ結果の差は?

ZenFone 2 Laser
(ZE500KL)
Zenfone2
(ZE551ML)
Xperia Z3
(SO-01G)
トータル 23582 47500 39946
マルチタスク 4174 6137 6152
Dalvik 2367 4156 2073
整数演算 2921 4578 3388
浮動小数点演算 2307 4542 3876
Single-thread integer 1217 2112 2799
Single-thread float-point 976 2398 2487
RAM演算能力 1156 3266 1865
RAM速度 1673 3081 1958
2Dグラフィックス 1166 1642 1610
3Dグラフィックス 3520 13372 11197
ストレージのI/O 1445 1506 1871
データベースのI/O 660 710 670

流石にハイエンドモデルとベンチマークスコアを比べるとかなり差が出ますね。
項目にもよりますが、ZenFone 2 Laserは大体ハイエンドモデルから30%~50%程度。
一番差が大きいのは3Dグラフィックス。ベンチマーク中に3Dゲーム画面が表示されるんですが、ZenFone 2 Laserではかなり動作がカクカクになってしまい、ここのスコアが奮わないだろう…と思いましたが予想通りでした。
トータルスコアになると、昨年夏〜冬モデルから30%ダウン、2015年モデルと比較すると約半分程度の性能という結果になりましたが、実動作は全く問題ありませんし、各項目の中でも3Dグラフィックスが極端に劣るだけなので、ゲーム中心でなければ困らないのでは?と思った次第です。

番外編 – TORQUE G02のスコアと比べてみる

TORQUE_01

同じようなミドルレンジに位置するモデルとして、少し前に借りていたau TORQUE G02がありました。
こちらのスペックですが

TORQUE G02
(KYV35)
ZenFone2 Laser
(ZE500KL)
OS Android 5.1 Android 5.0.2
CPU Snapdragon 400
1.4GHz/4Core/32bit
Snapdragon 410
1.2GHz/4Core/64bit
RAM/ROM 2GB/16GB 2GB/16GB
画面サイズ
(解像度)
4.7インチ
HD(720×1280)
5インチ
HD(720×1280)

となっており、SoCも32bit版/64bit版の違いはあれど、Qualcommとしては同じ位置づけにあたるものが採用されています。TORQUE G02以外にも、KDDIからはUQBANO V02(KYV34)、NTTドコモからはAQUOS EVER(SH-04G)、SoftbankからはAQUOS CRYSTAL 2と今夏モデルの多くにミドルレンジのモデルがラインナップされており、ZenFone 2 Laserが「安かろう、悪かろう」と思われがちな格安SIMフリースマホではないんですよ!!と言いたいがために、ベンチマーク結果を掲載します。

KYV35_AnTuTu

TORQUE G02
(KYV35)
ZenFone 2 Laser
(ZE500KL)
トータル 21372 23582
マルチタスク 3067 4174
Dalvik 2104 2367
整数演算 1760 2921
浮動小数点演算 1877 2307
Single-thread integer 1269 1217
Single-thread float-point 1035 976
RAM演算能力 1527 1156
RAM速度 1885 1673
2Dグラフィックス 1028 1166
3Dグラフィックス 3816 3520
ストレージのI/O 1349 1445
データベースのI/O 655 660

見ての通り、結果に大きな差はありません。
筆者の販売員経験からすると「原則ここから2年間縛られるのに、ハイエンドモデル以外を選ぶって微妙じゃない?」と考えていましたが、先ほど挙げた各社の最新モデルでミドルレンジに位置するモデルが増えていますし、ZenFone 2 Laserを使う限り、何も動作に不満を持たないあたり、もう十分にスマートフォンは成熟しきっているので、SIMフリーモデルの3万円前後〜、またはキャリアモデルで実質負担が2万〜3万円程度になるモデルを選ぶというのは賢い選択なのでは!?とも考えてしまいました。

※※ZenFone 2 Laserを入手するなら、月々もお得な楽天モバイルがおすすめです※※


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント