ドコモで音声プランとデータプラン間で契約変更を行う

元ケータイ屋さんらしい、そんなネタを一本。
Twitterでフォロー外の方から以下のリプライを頂きました。

さて、こちらの質問の要点をまとめていきます。

1. 音声プランを希望していたのに、実際にはデータプランでの契約となってしまった
2. データプランは『二年契約』なので、途中での変更に解除料がかかるのでは

ということ。
そもそも、何故お客様(質問者様)は音声通話を希望されていたのに、データプランでの契約になってしまったのでしょうか。
以下、ちょっとした予想です。

既に音声契約の携帯は持っていたので、2台目セット割やシェアパックで維持費が安くなるから

1台目の買い換えや、ランニングコストの面でお客様が難色を示す場合に「2台持ちがお得になります」なんていうご案内を行うお店はいっぱいあります。
どれくらい金額に差があるのか、よくある店頭案内パターンとして比較表を作ってみました。

スクリーンショット 2015-02-24 0.44.48

あくまでも最低コスト、面倒くさいので消費税は課税せず…というパターンですが。
確かに2台持ちの方が気持ち安くなる、または一定額で安心して使えるというメリットがあります。

でも、希望としてはiPhoneでも通話したい!!

さて、その担当したスタッフさんが「誤案内だったのか」というところにフォーカスとあてると今回のは「誤案内です」
…だってお客様のご希望、ちゃんと汲み取れませんから。

最初に引用させて頂いた質問者様のツイート、及び筆者の方で要点をまとめた部分の
『二年契約のデータプランから、音声プランへの変更、及び二年契約の契約解除料』
について触れていきます。

先に答えを言ってしまうと
・データプランから音声プランへの変更は可能
・二年契約の解除料は発生しない
んですね。

ただ、ここに1つだけ罠があります。
『異なる契約種別に変更する際、変更先でも変更元と同様の”契約期間が定められている年間契約”を申し込めば解除料は発生しません。しかし、契約変更を行った月と翌月を一ヶ月目とした年間契約となります』
これをケータイ屋さんの中では「解除料保留」なんて呼んだりしています。

もう少し上の説明を噛み砕いていくと
・2015年2月22日にデータプランで新規契約をする→契約更新月は2017年3月中
・2015年3月1日にデータプランから音声プランへ変更をする→契約更新月は2017年4月中
となるんですね。
なので、申込時のプランから他のプランへの変更を希望する場合は「申込月と同じ月に変更手続きを行う」のがベストです。そうすれば契約更新月は申込時と同じままです。
もちろん、契約から随分と時間が経過してから変更したくなる場合もありますから、後になって変更する場合は契約更新月が変更になるという事にご注意ください。

んじゃ、どうやってプランを変更すればいいのか

方法は二つあります。
・ドコモショップ店頭で手続きを行う
・ドコモインフォメーションセンターに電話して行う
あまり説明に自信がない方はドコモショップで手続きを行う方がいいでしょう。

ドコモショップでの手続き方法

1) お店に入ったら店員さんに「データプランから通話のプランに変更したいです」と申し出てください
2) 上に書いたような更新月が変わる事などが説明されます。
3) 手続きはその場で完了し、すぐに通話ができるようになります。
 ※一度電話機の電源を入れ直す方が確実です。

ドコモインフォメーションセンターに電話して行う

1) 電話をかけます。
 通話のできるドコモケータイからは「151」
 それ以外の電話からは「0120-800-000」へ
 なお、オペレーターさんと話して手続きを行うので「9:00〜20:00」の間に電話をかけましょう
2) 音声ガイダンスに従い、プラン変更担当へ電話を繋ぐ
 色々流れてきますが「4」→「1」と押してください。これでプラン変更窓口へ繋がります。
 ※音声ガイダンスのショートカット番号は時々変わります。本稿執筆時2015年2月24日現在の情報です。
3) ショップ店頭と同様に「データプランから通話のプランに変更したい」と申し出てください
 ※通話終了後、遅くとも15分程度でプランが切り替わります。

手続きとしては以上です。

変更した月の料金や手数料は?

データプラン→音声プランの場合は「音声プラン」の料金で請求されます。
音声プラン→データプランの場合も「音声プラン」の料金で請求されます。
もっと厳密に言うと「料金プランとして月額が高く設定されている方で請求される」という仕組みです。
※念のため、現在の「カケホーダイ・パケあえる」の場合です。旧プランではまた違います。

そして手数料はかかりません。
データプランも音声プランも、同じ「Xi(クロッシィ)」の契約プランですから、Xiプラン同士の行き来については特別手数料はかかりませんのでご安心を。

以上、データ⇔音声のプラン変更についてでした。

まとめ

割とよく聞かれるプラン変更(契約変更)についてしっかりと書いてみました。
質問者様のように希望と違っており不便な思いをされる方が減るのはもちろんのこと、そういうトラブルに遭ってしまった場合に本稿をお読み頂きトラブル解決となる方が増えれば幸いです。
また、普通に利用する中でもこの手続きについてはスタッフも理解していない事も多く、窓口案内でトラブルに発展するケースが少なくありませんので、そういう場面が少しでも減ればいいな、と。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] -ドコモで音声プランとデータプラン間で契約変更を行うより引用 […]

  2. たまたま より:

    データ(2年契約有り)→音声(2年契約なし)→MNP

    データ(2年契約有り)→音声(2年契約有り)→MNPでは
    それぞれどのように解除料が発生しますか?

    • kuropon より:

      >データ(2年契約有り)→音声(2年契約なし)→MNP
      →音声(2年契約なし)でデータの二年契約に応じた解除料が発生
      >データ(2年契約有り)→音声(2年契約有り)→MNP
      →MNPで音声に応じた解除料が発生
      です。
      例えばデータの解除料と変更先の解除料が同一金額であれば、二重で解除料を取られることはありませんので、特別な理由がない限りは変更先の音声プランでも二年契約有を選択するのがベストだと思いますよ。

      ただし、データ契約の二年契約が更新月で音声に変更したい場合、音声側で二年契約を申し込んだ場合は「その日から」二年契約が有効となり解約・MNP時に解除料が発生してしまいます。
      この場合のみ、音声に変更する際は二年契約無しにすることをオススメいたします。