[Mac] iTunesで頻繁に音飛びが発生するときの対象方法

まだiTunesのアイコンが赤いの、慣れませんね。赤くなって音が3倍良くなった!とかじゃないから余計に。
そんなiTunesですが、なんかやけに音飛びが発生するので…。

Macのモデルとスペック

・MacBook Pro Retina 13インチ (Mid2014)
・CPU Intel Core i5
・メモリ 16GB(8GBx2)
・ストレージ 128GB SSD
という感じ。
購入時のコストを削減するためにストレージをケチったので、過去の記事でも紹介しているんだけど
・USBメモリ RUF3-PS(BUFFALO製・64GB USB3.0接続)
を使っていて、ここに以前から使っているiTunesライブラリをぶっこんで引き継いで使ってる。

なんか音が飛ぶ

購入時からの症状で、あまりiTunesでは音楽を聴かないので気にしていなかった。
ほとんど外出時にWalkmanに放り込んで聴いているし。
しかし、USB 3.0にも対応し、メーカースペック上では“転送速度(Read) 121Mbps”を謳っているし、取り込まれている多くの音楽データはビットレートが128Kbps〜320Kbps、ファイルサイズにして5MByte〜15MByte程度のMP3か、それより少し軽いMP4がほとんどなのでおかしいな、と。
具体的には
・曲の再生を開始して「盛り上がる部分(情報が多い部分)」にさしかかると数秒先まで飛ぶ
・最悪、次のトラックに進む
みたいな感じ。

“SMC”リセットで解決

Macの調子がおかしいときに試す方法としては定番。
SMCってのはMacの「システム管理コントローラー」のこと。一応、BIOSに相当するEFIというのもあるんですが、Macではハードトラブル時にEFIとSMC、症状に応じてどちらを触れるかが変わる。

SMCリセット手順

Apple公式の案内は→Intel ベースの Mac:SMC (システム管理コントローラ) のリセット
最近多い「バッテリー交換不可」のMacの場合は
1) 電源オフ
2) キーボード左下の「Option」「Control」「Shift」と「電源ボタン」を同時に押す
3) 全部一気に離す
4) そして電源オン
でSMCリセットされる。

結果

SMCリセット後、今のところは音飛びしていない。
これが偶然なのか、本当にその効果なのかはしばらく様子見。
また音飛びが発生するようになったらSMCリセットをまた行い改善が見られれば効果アリ。
そうでなければ次はiTunesのバッファの設定変更をコンソールで行う事になる。

BUFFALO USB3.0対応 マイクロUSBメモリー 64GB シルバー RUF3-PS64G-SVBUFFALO USB3.0対応 マイクロUSBメモリー 64GB シルバー RUF3-PS64G-SV

バッファロー 2014-05-25
売り上げランキング : 1985

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 異名 より:

    32bitで立ち上げると解消されないでしぉうか?itunes11ではこれで一発解消しました。