MacBook Pro Retina 13″と一緒に買いたいアクセサリ

 筆者がぶっ壊れた(直らない)VAIO Proの代わりにMacBook Pro Retina 13″(以下MBPR13)をポチったのは以前のエントリの通り
 MBPR13の購入に合わせ、一緒にお迎えした方がいい!と勝手に思っている周辺機器を以下にざっと紹介する。

パワーサポート AirJacket

 ノートPCって、持ち歩きに専用のインナーケースとかバッグに入れると思うんですよ。
 あれ、凄く面倒じゃないですか?
 AirJacketはスマホのケースよろしく、MBPR13にピッタリ取り付けのできるケースです。
 もうこれだけ取り付けて、後は鞄に放り込むだけ。それで本体を傷から守れるし、使うときもさっと鞄から取り出していつも通りにPC開くだけ。最高じゃないですか。

Apple Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタ

 残念な事にMBPR13にはEthernet(LAN)ポートがありません。
 遠出した際のホテルでネットワーク環境に困ったり、ネットワーク系の仕事をしていると客先やデータセンターで端末をネットワークに繋げないなんて事になったらPCを持ち運んだ意味がなくなります。
 同じカテゴリの周辺機器としてUSBからEthernetに変換するモノもありますが、あまり使い道に恵まれないThunderboltをEthernetに変換する方が使い勝手のいいUSBポートを浪費せずに済みますし。

Apple Mini DisplayPort – VGAアダプタ

 MBPR13にはAppleノートとしては待望のHDMI端子が標準で用意されています。
 しかし仕事の現場ではまだまだHDMIで繋げる外部ディスプレイやプロジェクタが満足に配備はされていません。
 とりあえずVGA(アナログRGB/D-Sub 15pin)で出力できれば困らないので、一緒に鞄に忍ばせておくと仕事中にダサい場面に出くわさないで済みます(w

BUFFALO USBメモリ RUF3-PS

 他社でも同じような製品は色々出てますが、今回購入したのがこちらなので。
 ざっくり言うと「あまり飛び出さないUSBメモリ」です。
 10万ちょっとで購入できるノートPCとしてMBPR13を選択した場合、内蔵ストレージが128GB〜256GB程度のSSDとなり、扱うデータ次第では少々心許ない状況になります。
 筆者のMBPR13も今回は128GBのSSDを選択しており、itunesのデータなどを放り込んでおくには些か厳しいです。
 元々、こうした製品が存在している事を知っていたので今回は内蔵ストレージを少なめにして購入費用を抑えるという選択をしたというのもありますが、ほとんど飛び出さないため持ち運びに支障もないのでマジでオススメです。

Apple MagSafe – MagSafe 2コンバータ

 別に普段からACアダプタを持ち運んでしまう人ならいらないと思うんですが。
 MBPR13、後は2013年以降に発売のMacBook AirシリーズではACアダプタの接続端子が「MagSafe 2」に変更されています。従来のMagSafeと比較すると薄く長く、平べったい形状に変更された為、今まで使ってきたACアダプタを利用することができません。
 元々Macを利用していたなんて人はもちろん、外出先で自分のMacの電池が切れそうだ…!!!なんてときに、きっと周りに意識の高いエンジニア()がいればMacBook Airあたりを広げていると思うので、彼らからACアダプタを借りるにはコレが必須です。

まとめ

 適当に一緒に購入した、または持っている中で一緒に持ち歩くようにしている周辺機器を紹介してみました。
 なんかほとんどApple純正ばかりで、これがApple税かと思うところもありますが…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする