スポンサーリンク

ワイモバイル、iPhone 7を1.8万円割引+事務手数料無料の「春のオンラインストア大感謝セール」を3月末まで実施

キャンペーン

ワイモバイルの公式オンラインストア「ワイモバイルオンラインストア」にて、2月13日から3月31日まで「春のオンラインストア大感謝セール」が実施されています。

目玉はiPhone 7で、通常販売価格から1.8万円の割引で販売中。
ワイモバイルオンラインストアでの購入は契約事務手数料の3,300円も無料となります。

今回の割引の適用条件は「新規契約、または他社からののりかえ」で「スマホベーシックプランM or R」に加入した場合に適用されます。
料金プランは契約後にスマホベーシックプランSに変更することも可能です。

以下、春のオンランストア大感謝セールでの対象機種・販売価格をまとめましたので購入の参考にしてもらえればと。

スポンサーリンク

iPhone 7が1.8万円引き。対象機種と販売価格。

今回セール対象になっているのは「iPhone 7」以外にAndroidスマートフォンのLibero S10です。
iPhone 7は安価な32GBモデルだけでなく大容量の128GBモデルも対象。
セールは3月末までと期間は長めなので、今後対象機種が追加・変更になる可能性もあります。

機種オーダーその他条件販売価格
iPhone 7
32GB新規契約
他社からのりかえ
スマホベーシックプランM/Rに加入26,640円
128GB37,440円
Libero S10
5,400円

ワイモバイルで取扱中のiPhoneはiPhone 7以外だとさらに1モデル前のiPhone 6s。
同じ32GBモデルでも価格差は今回のセールを加味すると6,000円ほどしかなく、iPhone 7は「Apple Pay(FeliCa)」「防水・防塵」に対応するなど、基本性能以外も強化されているためお買得度は高め。
Apple Pay対応のおかげでSuicaも利用できますし、防水・防塵は水場での利用だけなく汗をかくような夏場の故障率も下げてくれるため、使っていく中での安心感はかなり変わってきますので、今買うならiPhone 7を選ぶべき。

Libero S10はAndroidスマートフォンとしてはエントリーモデル。
他社であれば「AQUOS sense2」など実売2~3万円の価格帯の機種と同等性能です。重たいゲームで遊ぶ事はなく、電話とメール、LINEや各種SNSが使えれば十分という人にはもってこいの1台です。


ワイモバイルオンラインストアですが、新たにスタートした春のオンラインストア大感謝セール以外にもお買得な「アウトレット」や夜間限定の「タイムセール」など、お買得なキャンペーンが盛りだくさん。
割引額は店頭でも最大2.2万円に制限されているため、ワイモバイルオンラインストアで実施されている事務手数料無料特典などと組み合わせて考えた場合、店頭よりもお買得なケースも珍しくありません。
「ワイモバイルにのりかえようかな」と検討中であれば、実店舗だけでなくワイモバイルオンラインストアも是非チェックしてみるべきでしょう。