そろそろ1年。Galaxy Note9 SC-01Lを買い替えるか、買い替えないか。

ケータイ

メインのスマートフォンとして利用している「Galaxy Note9 SC-01L」。
2018冬モデルとして国内発売になったスマホで、発売日に購入しているため間もなく購入から1年が経過します。

8月には海外で後継モデルとなる「Galaxy Note10/10+」が発表、発売済。
国内でも例年通りであれば秋冬モデルとして発売するはずですが、正直なところ買い替えるかはかなり悩み所。
こんなブログを書いてるし、あちこちのメディアでも最新機種は云々と書いている僕でも今秋の買い替えを悩んでしまう理由がいくつかあるので、今回はそんな話を書いていきます。

スポンサーリンク

スペックに不満がない

Galaxy Note9のスペックに不満がありません。
例えばゲームで遊ぶことが多ければ、Galaxyの2019年モデルはUnityへの最適化が売りの一つになっているように、Galaxy Note10どころかS10シリーズが登場した時点で飛びついていたはずです。
しかし、筆者はほとんどスマートフォンでゲームをしません。ほぼ唯一継続して遊んでいるPokémon GOも「ながら」で遊ぶには向いていないため、2台目として持ち歩いているiPhone XSで遊んでいるため、Galaxy Note9でゲームをすることが全くありません。

強いてNote10/10+を羨ましいと思う部分があるとすればカメラ。
Note9にはない「広角カメラ」を含む3眼構成、さらにNote10+は深度カメラも搭載した4眼構成になっています。

特に今夏、ちょっとした外出の際にXperia 1を持ち出して広角カメラで撮影をすると「楽しい」と思えましたし、やはり自分の眼で見られる以上にワイドな絵が撮れるのはスマートフォンというデバイスを通した別世界を見ているかのようで、一度使うと病みつき。
メインのGalaxy Noteでもそれが撮れるのはより気軽に使えていいなと思う反面、それだけに10万円前後の支出をするのは現実的ではないため、ハードウェアとしてカメラだけを動機にGalaxy Note9から買い替えを決められるかと聞かれたら、まだまだ悩んでしまう部分でしょう。

サイズ感が心配

Galaxy Note9のディスプレイサイズは約6.4インチ。
これに対して、Galaxy Note10は約6.3インチ、そしてNote10+では約6.8インチ。

筆者は成人男性としては手の大きさが普通か、少し小さいくらい。Note9でも手に余り、特に画面上部・通知バーの操作は持ち替えないと満足に操作ができません。いつの間にかNote9を使うときは片手で支えながら、もう片手で操作をする、こんな使い方に慣れてしまっていますが、子供を連れて出かけた際や混雑した電車の中など、片手しか使えない場面では不便に感じることが多くあります。

国内向けに登場するのは「Note10+」とも噂されている(ほぼ確定でしょう)ため、Note9以上よりも大きくなってしまったら、便利なはずのスマホが不便に感じるようになってしまわないんだろうかと。
「もっと小さいサイズの他のスマホにすれば」という声も聞こえてきそうですが、Galaxy Noteシリーズのペン(Sペン)の便利さは手放せないため、Galaxy Note10+のサイズを自分の手が許容できるかどうか、ここがかなりの悩み所です。

なお、実機でのサイズ感の比較はEngadget日本版の以下の記事がわかりやすいです。

6.8インチの大画面になってもほぼ同サイズ。Galaxy Note10+とGalaxy Note9の違いをチェック(山根康宏) - Engadget Japanese
海外での発売が1週間を切ったGalaxy Note10+とGalaxy Note10。現在Galaxy Noteシリーズを使っている人にとっては買い替えるべきかと、日本での発売を心待ちにしている人も多いはず。また他のスマートフォンからの乗り換えを考えている人は、Galaxy Noteシリーズの「大画面」がどれほど大き....

こうして比べるとそんなに差が無いのかな?とも思うのですが、こればかりは自分の手で握ってみないと判断が難しいところ。例年ならば発表された時点で「国内版!出たら!買う!」と宣言しているんですが。

5Gを待つべきか

もう一つ、悩む理由として大きいのが「5G」の存在。

日本では五輪の前、来春頃から5Gの本サービス開始される予定。
すでに北米や韓国では今春からスタートしていて、Galaxy Note10+にも5Gモデルの設定があります。他のメーカーでも例えばOPPO Renoに5Gモデルが用意されているなど、日本でのサービス開始時に「5G対応のハンドセットがない」ということはなさそうです。

サービス開始すれば対応機を買わないという選択肢はないですし、もし買うとすればGalaxy Note10+を買った場合、購入から半年ほどで買い換えることになります。
「お試しで」と2台目以下の端末を5G対応機に買い換える手もありますが、グローバルで見ても「最上位モデルのバリエーション」としてリリースされていることがほとんどであると考えると、メインにプラスしてもう一台で買うにも負担は大きそう。

もっとも、5Gの本サービスが開始されると同時に料金プラン・サービス内容も現在とは大きく変わってくるはず。
契約の見直しは必ず必要になると考えると、次の機種を買ってしまったことで「変更しづらい」状況にしてしまうのも、今秋にGalaxy Note9から買い換えを悩んでしまう理由です。


色々書き出してみたわけですが、端的に言っていまえばGalaxy Note10+が欲しい気持ちは変わりません。欲しいもんは欲しい。

ですが、いつものように「買うぞ!」と意気込んで買うにはタイミングが悪い。
そして悪いなりに良い時期を待とうと思ったら待ててしまうほどに、Galaxy Note9が優秀なので悩んでいるというお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました