平成最後に買った携帯電話は「iPhone XS」でした。

ケータイ
この記事は約4分で読めます。

平成最後に買った携帯電話はiPhone XSでした。

2018年モデルのiPhoneのうち、iPhone XS Maxを昨年10月末に購入。
動作については全く不満はないのですが「デカい」「重たい」あたりが普段使いで結構なストレスに感じるようになってきたため、思い切って買い替えてみました。

なお、サイズ・重量だけで見れば実はGalaxy Note9ともそんなに変わらないんですよね、iPhone XS Max。
それでも重たいと感じるあたり、中の部品の配置が悪く重量バランスが悪いとか、iOSは大画面×片手持ちで使うのに最適化されていない部分が大きいのかな、と。

スポンサーリンク

容量は256GBから64GBに

iPhone XS Maxの容量は256GBでしたが、iPhone XSは64GBにしました。

iPhone XS Maxの容量は持て余している状態。

iPhone XS Maxの容量ですが、システムで利用している約10GBほどを差し引いても20GBほど。
そのうちの10GBほどは適当にPCから転送した映画です。
「画面が大きいから、適当に動画、見るかな?」と、有り余っている容量の有効活用のつもりで転送したものの全く見ませんでした。

また、以下の記事でも紹介しているように、iPhone XS Maxはau契約で料金プランも「auフラットプラン20」を契約中。
その20GBも全く使い切っていない(毎月平均で7GB前後しか使わない)ため「一度見たことがある動画をまた見る」よりは、移動中に「見逃した番組をストリーミングで見る」といった使い方の方が現実的です。
そうなれば本体内に動画を転送しておく場面もほぼなくなるため、容量としては256GBもいらないだろう、と。

iPhone XS Maxに機種変更してUQ mobileを解約。
iPhone Xで困っていなかったのですが、色々と計算したところiPhone XS Maxに買い替えた方がお得な気がしたので機種変更しました。 タイトルにある通り、iPhone XS Maxの購入にあたりそれまでiPhone Xに挿れてい...

さらに音楽についても、音楽プレイヤーとして「Walkman NW-ZX300」を普段から持ち歩いていて、普段聴く曲はすべてそちらに入っています。
最近になってApple Musicも活用するようになりましたが、これも「さっき音楽番組で見聞きしたアーティストの曲を聴いてみよう」だったり「配信開始された新譜を、いち早く聴きたい」という用途がほとんど。
iPhone上に音楽ライブラリを持たない使い方をしているため、僕にはやはり大容量が必要ないのです。

iPhoneをメインのスマホとして使っていれば「容量は無限に欲しい!」となっていたかもしれませんが、僕のiPhoneの用途は「サブ」ですし「Pokémon GO専用機」になっていることが多く、それ以外では取材時の「音声レコーダー」または「ジンバルと組み合わせてインタビュー・レビュー動画撮影」になるため、64GBで足りるだろうと判断しました。

容量を下げたことで2万円ほど安くなりますが、もし1年ほど使って次機種への買い替え時、下取りに出しても2万円の差ではなく数千円~1万円の差にしかならないことも、今時点での支出を抑えるという意味で64GBを買ったのは賢い買い方だと思っています。

iPhone XS向けに買ったアクセサリ

iPhone XS向けに買ったアクセサリは「ケース」と「保護フィルム」の2点。
外部接続端子は変わらずLightningなので、これといってケーブル・アダプタ等の追加購入はありません。

ケースは「カービィカフェ」で販売されているケースを購入しました。
このケース、iPhone XS Max用は用意されていません。このケースに限らずiPhone XS Max向けのケースは種類が少なく、それもi不満のひとつだったのは確かです。

KIRBY CAFÉ / カービィカフェ 公式サイト
カービィの世界にカフェがあったら…。せっせと働くワドルディと、つまみ食い担当のカービィのおもてなしで、おなかも元気もいっぱいに!

フィルムはOAprodaのガラス製全面保護フィルムを購入。
iPhone Xでも発売前に同じフィルムを購入、iPhone Xの使用開始と同時に貼って一年使いましたが表面のコーティングが剥がれてしまうとか、端から浮いてしまうなんてこともなく、ガラス製全面保護フィルムとしてはかなり優秀です。


例年通りであれば、あと半年ほどで新型のiPhoneが出てくるため、このタイミングでの買い替えは愚策かな?と思いつつも、どうもデカくて重くてiPhone XS Maxはしんどく、正直なところ買った直後に「失敗したかも」と思っていました。
ゲームによっては大画面が活きる場面もあったのですが、メリットを享受できる場面より大きさと重さのデメリットにうんざりされられる場面の方が多いと感じるため、今回は思い切って買い替えに踏み切ってみた次第。

iPhoneの移行はバックアップからの復元でサクッと行えるものの、SuicaなどApple Payの移行が少々面倒だなぁ…と思うところもあり、この記事を書いている時点ではまだiPhone XSは開封していません。
平成の間に買った携帯は、平成の間にセットアップしよう!と考えているため、なんとか今日中に移行して令和に持ち越さないようにします。

コメント