人気の小さなXperia 最新モデル。NTTドコモ Xperia XZ1 Compact SO-02Kの本体価格と月額をチェック。

NTTドコモは10月18日、2017-2018 冬春 新サービス・新商品発表会を開催し「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を発表しました。
発売は11月中旬を予定しています。

2017-2018 冬春モデルとして、ソニーモバイルからは「Xperia XZ1 SO-01K」と、2017夏モデル「Xperia XZ Premium SO-04J」の新色「Rosso」も発表されています。
Xperiaのコンパクトシリーズとして、昨年のXperia X Compactがミドルレンジのスペックだったのに対し、Xperia XZ1 Compactは「プレミアムコンパクトモデル」の位置付けで、搭載するCPU等は上位モデルである「XZ1」「XZ Premium」と同じになっているのも注目ポイントです。

今回はXperia XZ1 Compact SO-02Kの本体価格・月額料金についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

本体価格

本体価格・割引、そして割引後の実質負担は「のりかえ」「新規契約」「機種変更」、どれも同じになっています。

機種購入方法本体価格月々サポート実質負担予約ページ
Xperia XZ1 Compact
SO-02K
MNP77,760円
(5,265円/月)
▲51,192円
(▲4,158円/月)
26,568円
(1,107円/月)
予約する
新規契約
機種変更

今冬モデルとして店頭に並ぶXperiaの中では本体価格と新規・機種変更での実質負担がもっとも安く設定されています。
※のりかえだけではXperia XZ Premium SO-04Jが実質負担では最安。

先代の「Xperia X Compact SO-02J」も機種変更では長いこと人気を集めている機種になっており、今回も機種変更でお買得な機種として人気を集めそうです。

月額料金

続いて月額料金。
2017夏モデル同様に以下の4パターンで算出しています。

Case1) カケホーダイプラン + ウルトラデータLパック(20GB)
Case2) カケホーダイライトプラン + ウルトラデータLパック(20GB)
Case3) カケホーダイライトプラン + データSパック(2GB)
Case4) シンプルプラン + シェアオプション

1~3は1台持ちで、通話の頻度に応じて基本プランが違うだけ。
4のみ、シェアパック子回線で持った場合の最安プランで算出しています。

また、計算方法は
 (月額利用料の合計)*1.08-月々サポート+本体代
となり、表中の金額は税抜・税込の混合です。実請求額とは課税のタイミング、ユニバーサルサービス料等で数円~数十円の差が出ますので、参考程度に留めておいて頂ければと。

Case1Case2Case3Case4
基本プラン2,700円1,700円980円
ネット接続料
(spモード)
300円
データ定額6,000円3,500円500円
月々サポート▲2,133円
本体代金3,240円
合計金額10,827円9,747円7,047円3,240円

月額料金は本体価格の安さもあり、今回発表された機種の中では比較的お買得な設定に。
本体代金だけでみれば3,240円と分割支払い時の価格も安価なため、例えば家族が利用しているシェアパック子回線で購入した場合は、そこまで毎月の負担が大きくならないのも「機種変更でお買得な機種」として、人気を集める要因になりそうです。

まとめ

以上、11月中旬に発売が予定されている「Xperia XZ1 Comapct SO-02K」の本体価格・月額料金のご紹介でした。

毎年冬モデルとして発売されるXperiaのコンパクトモデルはNTTドコモだけに設定されたラインナップであり、大画面化が著しいAndroidスマートフォンの中では、貴重な5インチ未満の人気モデルです。
とくに今回はハイエンドCPUを搭載しているため、小さいながらも性能に妥協をしたくない、長いこと利用したいと考える人にもピッタリです。

店頭での展示、予約も本日からスタートしています。
機種変更でよりお買得にしたい!と考えた場合、事務手数料や頭金、余計なオプション加入のないドコモオンラインショップがオススメで、こちらでの予約も本日からスタートしていますので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモオンラインショップで予約・購入する

スポンサーリンク

シェアする

フォローする