600円で購入可能。P9にソフトケースを付けてみた – ガリガリに傷付いてしまう前に。。。

年明けからカメラに惚れ込み、そしてInstagram用として大活躍中のSIMフリースマートフォン HUAWEI P9。
本当に気に入っていて、今月に入ってからの撮影枚数がメインで利用しているXperia X Performance SO-04Hの3倍くらい、P9で写真を撮っています。

新年最初に手元に増えたスマートフォンは、HUAWEI P9でした。 昨年11月末に参加したブロガーイベント「モバイルプリンスのファ...

この記事でも触れている通り、P9を開封・使い始めるにあたり嬉しかったのは「ケースが付属していること」だったんですが、数日前に気づいた事が…

エッジの部分に注目…(´・_・`)

傷付いてました。
気にしなければわからない程度ではありますが、エッジの部分がちょっとずつガリガリ削れていっている感じ。

付属ケースはボタンやUSB type-C端子周りなど、ケースの取り外しに際してボタンの誤動作・ケーブルの抜き差しに干渉しないよう大きく切り欠けがあり、この部分は保護されないので「いつか傷付くんじゃないかなー…」と考えていたのですが、使い始めて2週間で傷付いているという。
SIMフリースマートフォンということでサクっと購入できる家電量販店に満足にケースが揃っているわけがなく、しっかり周囲をカバーできるモノを何か買おうということで、Amazonで適当に安価なモノを購入してみました。

スポンサーリンク

600円で買えるソフトケースを購入してみました。

購入したのはこちら。

なんだか400円と見えますが、これは最安値の場合。
送料まで込みにすると、599円・Amazonプライム配送可のが最安です。

いわゆる一般的な「ソフトケース」で、素材はTPU。
本体カラーが特に気に入っていることもあり、今回はクリアのケースで探し一番安かったのがこちらでした。

深圳あたりでよく見かけるパッケージ

パッケージにとても安さを感じます。
深圳あたりで束になって売られているパッケージに、束になって売られているケースを入れて売っている感じ。
(現地で買ったら多分日本円で100円~くらいで購入できるでしょう)

エッジ部分をしっかりガード

肝心のケースですが、しっかりエッジの部分までカバーしてくれるのでもう今回のように傷付く心配はなさそうです。
もちろん、TPU素材のソフトケースですから着脱も容易。気になるとすれば使っているうちに黄ばんでくることですが、そのときはまた同じケースを買えばいいだけのこと。安いですしね。

マイクロドット加工でモアレもなし

クリアケースのあるある話として、本体と密着することで発生するモアレの問題。
今回購入したケースですが、背面側にはマイクロドット加工が施されており、ケースが本体にぴったり張り付くことがないためモアレが発生しません。
何度も言いますが、本体カラーにも惚れ込んでいるのでケースをつけてもキレイにブルーが映えるのは嬉しい限りです。

まとめ

この手の細かい傷って、金属ボディだとどうしても避けられない傷なんですよね。
最初からケースが付属しているのはもちろん嬉しいし、かなりプラスに評価をしたい部分ではあるのですが「ここ、傷付いたら嫌だなぁ…」と思う機種であれば、やっぱり最初からケースを買っておくのがベストです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ぴーちゃん より:

    p9の保護シートでお薦めはありますか?
    私が購入したガラスシートはフチが少し浮いている為、見た目がよろしくないです。

    • kuropon より:

      保護シート・ガラスですが、色々試した結果「ガラスはやめよう」という結論に至りました。
      その他にもラウンドガラスの機種を使っていますが、今回ご紹介しているケースのようにエッジ部分まで保護されるものであればディスプレイ面と高さが一緒~少しカバー部分の方が高くなるため、それと組み合わせて使うのであれば普通のフィルムの方がオススメです。

      保護フィルムも色々試した結果、また過去に使った実績で、ミヤビックスさんのがオススメです。
      https://www.amazon.co.jp/dp/B01GV9GNYU/