格安SIMに迷ったら – UQ mobileが意外とアリな理由

世間を賑わす格安SIM、格安スマホ。
様々な会社がサービスを提供し、最近ではテレビCM、電車などの公共交通機関への広告掲載などなど、目にする機会も多く「どれが本当に安いのか」がわかりづらくなってきたとも言えます。

そこで、オススメしたいのがUQ mobile。

格安スマホ・格安SIMのUQモバイル、超速モバイルネットのWiMAX 2+を提供するUQコミュニケーションズの公式サイトです。

ガチャピン・ムックのCMでおなじみ、個人的には多部未華子さんを推したくなるau系の格安SIMを提供する会社です。
現在もサービスを提供していますが、一時期「WiMAX(ワイマックス)」のモバイルWi-Fiルーターで一世を風靡した通信事業者が提供しているサービスです。

スポンサーリンク

オススメ1: 通話が多くても安心

格安SIMの多くは「通話定額」が提供されていません。
今まで使ってたケータイ・スマホから格安SIMへの乗換を健闘する理由のひとつに「機種変更に伴って、必要のない通話定額プランしか選べなかった」と話す人も多いのですが、逆に「格安SIMは通話定額がないので、乗り換え先として選べない」という人も多いのではないでしょうか。
僕が元ケータイ屋という肩書きなのでよく相談をされるのですが、通話定額プランが存在しないことで「じゃあ、そのままで…」という人が結構多いように感じています。

UQ mobileでは来年2月22日より「おしゃべりプラン」の提供を開始予定。

UQ WiMAX【公式サイト】UQ mobileから5分かけ放題の「おしゃべりプラン」が新登場!ページ。速度制限ナシのWiMAX、超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。

おしゃべりプランでは一回の通話が5分以内なら定額と、日常的に発生する「ちょっとした通話」が一ヶ月あたりの回数制限なしで利用可能です。
現在提供中の「ぴったり」「たっぷり」の料金プランを選択しておけば自動的におしゃべりプランへ移行されるため、今購入・契約を行っても余程通話頻度が高い人でもない限りは損はしないんじゃないかな、と。

また、現在実施中のキャンペーンとして「データ増量キャンペーン」も見逃せません。
来年2月21日までに契約した場合、一ヶ月あたりのデータ通信量が最大3倍となるキャンペーンとなっており、特に通信が多い「買い換えた月」「使い慣れるまでの期間」において、データ容量不足に悩まされることなく利用できるのは今のうちに買い!なポイントでしょう。
買い換えた月はアプリのインストールなどで通信が増えますし、使い慣れるまでは色々試して通信が増える人が多いんですよね。慣れてきちゃえばそんなに通信をしない、なんて人が多いと思います。

これらの料金・キャンペーンですが、CMなどでお馴染みの「イチキュッパ割」と併用して適用が可能です。

年末年始など、家族が揃う場面で全員で乗り換え先として検討してみてはどうでしょうか。
特に従来の携帯電話会社を利用している場合「家族割引」など、全員がセットでお買得になっている可能性も多く、一人だけ乗り換えるより皆で乗り換えてしまった方が総じてお買得度が高まるはず。

オススメ2: 機種ラインナップが充実!!

UQ mobileの今までの弱点は「機種ラインナップが乏しいこと」でしたが、先に紹介したおしゃべりプランの導入に伴い、かなり多くの機種が追加され選べるようになりました
性能や機能を重視し、auで発売されている機種の中古・新古の白ロムを購入して…という選択肢もありますが、UQ mobileとして提供されている中から安心して選べるようになったのは買いやすい格安SIMになったと言えるでしょう。

UQコミュニケーションズ【公式サイト】格安スマホ・SIM製品一覧。au 4G LTEに対応した安心・信頼のUQmobile。あなたにピッタリくるスマホ。格安スマホ、格安SIMならUQmobile。

最新のSIMフリースマートフォンが順次ラインナップに追加されており、10月末に発表された機種以外にさらに2機種追加されています。
また、au系の格安SIMのメリットとして従来の通話よりも高音質な「au VoLTE」を利用する事が可能になっています。おしゃべりプランの登場で通話をより気軽に利用できるようになるため、高音質通話が利用できるメリットが大きくなってきます。
僕もすっかりVoLTE非対応の機種は選びたくない、選ばないようになっているのですが、一度VoLTEの音質に慣れてしまうともう戻れません。通話を重視してUQmobileを選ぶ場合、用意された最新ラインナップと組み合わせての購入が正解です。

まとめ

ざっくりですが、UQ mobileを選ぶメリットを書き出してみました。
格安SIMの月額料金は音声通話が可能な料金プランで1,000円~2,000円程度が一般的。その中でデータ通信量がより多いモノをお得なものとして紹介してきましたが、通話を利用したい人にはイマイチ魅力を感じない内容ばかりでした。

また、UQmobile以外ではSoftBank系のYmobileも古くから通話定額を提供、お互いに対抗するプランを用意しています。が、僕個人の意見としてワイモバイルはワイモバイルとして提供する機種の種類が乏しく、SIMフリースマートフォンとのセット購入で大幅に割り引くキャンペーンも実施されていますがそもそも選べる機種が多く用意されていない郊外の取扱店では微妙な機種からしか選べない可能性もあります。
その点、UQmobileは取扱店であれば豊富なラインナップから選べるのは安心感、満足感に繋がりますよね。

UQmobileに関して、もしご不明な点があればコメント欄やメールでのご相談、大歓迎です。
近場に取扱店がなく、今のケータイ・スマホから乗り換えてどれくらいお得になるのか、どんな機種を選べばいいのかといったご相談も全然OKですのでお気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする