3G化の穴が塞がれる – auの「MNPau購入サポート」の条件が7月分より一部変更

買い回りのプロの皆様へ、またも悲しいお知らせです。
MNP(番号ポータビリティ)を使用しauへ乗り換える場合に適用される「MNPau購入サポート」(※MNP購入サポート特約とも言います)について、7月1日以降契約分から解除料の請求条件が大幅に変更されることがわかりました。

結論から言うと「持込機種変更による安価な料金での維持は不可能になります

7月1日以降の変更点

適用条件MNP新規加入時に以下の割引サービス・料金プランへの加入が必須
【割引サービス】
「誰でも割」「誰でも割ライト」または「スマイルハート割引」
【料金プラン】
「スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)」「カケホ(電話カケ放題プラン)」「LTEプラン」
解除料
発生条件
購入月を含む12ヶ月以内に以下の料金プラン以外への変更
【料金プラン】
「スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)」「カケホ(電話カケ放題プラン)」「LTEプラン」
※その他、解約や回線休止、端末購入を伴う機種変更などでも解除料がかかるのは従来通り

冒頭に書いた通り、auショップに3Gケータイを持ち込んで、安価な料金プランで維持をするということができなくなります。もちろん、対象料金プランが4G向けの音声プランに限定されるため、タブレットやデータカード向けのプランへの変更も不可となります。

まとめ

というわけで、7月1日以降の契約分についてはかなり寒い条件がつきまとうため、もし旧在庫で0円をくぐった還元がついてくるお買得なものを購入したい方は6月中のご購入がオススメです。
iPhone 6 16GB・64GBの在庫もかなり枯渇してきているようなので、月末を待つよりは動けるときに動いておいた方がいいんじゃーないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする