なで肩の人にこそ使ってほしい – BUFFALOのBTヘッドセット BSHSBE34を購入

-shared-img-thumb-OY151013090085_TP_V

電話かかってきたとき、よく写真のようなヤツやるじゃーないですか。
電話を肩で挟むみたいにして、両手使えるようにするヤツ。

筆者はこれができません。極度のなで肩です。肩パット必須なくらいに肩がありません。
リュックサックを背負うとするすると落ちていってしまうし、トートバッグをオシャレに肩掛けすることができません。だって落ちるから。落ちるんです。
それくらいなで肩なので電話がかかってくると、律儀に左手を犠牲にして電話をしっかりホールドして通話しながら作業をします。しかし、何かと電話がかかってくるタイミングに限って両手使えないとつらいな〜〜〜〜〜ってことが多く、常に両手を空けておくために数年ぶりにBluetoothヘッドセットを購入しました。

BUFFALO BSHSBE34を買いました

2016-02-07 2.57.12
電話中、もう聞き返されない CLEAR VOICE BSHSBE34 シリーズ|株式会社バッファロー BUFFALO

電話中、もう聞き返されない CLEAR VOICE』ってすごい挑戦的なキャッチフレーズですよね。
BSHSBE34ですが

  • デュアルマイクCVC
  • 3Dメタルアンテナ
  • HD Voice対応

という3つの技術などで高音質化の工夫をしているそうです。
各々何が凄いのかは公式サイト、または以下の商品紹介動画を見て頂くとわかりやすいです。
※バッファロー鈴木さんの商品紹介は非常にわかりやすく今後も続けて欲しいですね。

ざっくり製品レビュー

DSC09050
パッケージはBluetoothヘッドセットとしては少し大きめ。
最近の片耳タイプは相場2,000円〜3,000円程度なので高級機とかハイエンド的なモデルです。

DSC09051
DSC09053
本体の表裏。
表面はイマドキらしく、NFCでかざしてペアリングができるようになっています。表面の小さな穴は周辺の音を拾うためのマイクですね。これが上に書いた「デュアルマイクCVC」とやらの片割れです。
裏面には充電用のmicroUSBポート。
両耳対応モデルなので、こういう部分にmicroUSBポートがある方が使い勝手がいいんです。

DSC09054
ボディの先端の穴もマイク。
こっちが声を拾う方です。

DSC09057
側面には電源スイッチ。スライドタイプで、緑色が見える状態が電源オンです。
隣はボリュームキーです。

DSC09056
バッテリー残量やペアリングモードなど、本体状態を通知するランプは内側に。
そんなに派手に光りませんし、外側で派手に光るのは周りから見てエレクトリカルパレード状態なので、この位置でひっそり光ってるくらいの方が筆者的にもいいなといったところ。

すっかり撮り忘れましたが、着信時などに電話をとるためのボタンはお尻の部分にあります。
このボタンですが「マルチファンクションボタン」と説明書には書かれており、長押しでSiriやOK,Google、さらにはWindowsのCortanaといった音声アシスタントを呼び出して使うことができるそうですが、残念ながら筆者のメイン端末であるDM-01Hではどれだけ試してもOK,Googleは使えませんでした。

実際の使用感

まだ購入して三日程度ですが、簡単に。

確かに音はいい

室内での利用でもテレビの音などをがっつり拾うことなく、音はクリアです。
屋外で使用した際も線路脇を歩いているにもかかわらずハッキリと相手に声が届きました。
VoLTE全盛期に一番通話の多い電話番号の入ったケータイはフィーチャーフォン(F-02D)という筆者ですが、本体の受話スピーカーで通話するよりも音がいいです。

装着感はぼちぼち

重量感はありません。耳が重さに疲れてしまうようなことはありません。
確かに耳につけているという感覚はありますが、朝起きてからずっと身につけていても不快になるようなことはありませんし耳が痛くなるようなこともありません。

音漏れは気になるかも

いわゆる耳栓型・カナル型ではないので静かな場所では音漏れが気になるかもしれません。
音楽再生向けのBluetoothプロファイルであるA2DP、そしてワンセグなどの音声を聴くのに必要なSCMS-Tにも対応しています。また、ステレオ音声をモノラルにダウンミックスする機能もあるらしく、ちょっとした音楽・メディア視聴にも耐えられる仕様となっていますが、音漏れには注意した方がよさそうです。

総じて満足しています。
なにより、通話中に両手を空けておけるのが幸せで仕方ないですね。
同じようになで肩でケータイを挟めない人は車を運転しない人であってもBluetoothヘッドセット、オススメですよ!

ちなみに今回ご紹介したのはシルバーですが、カラーバリエーションとしてブラックとゴールドもあります。シルバー以外は5,000円を切る価格になっておりお買得です。ぶっちゃけブラックが欲しかったけど在庫がなかったんだよ!!!