気軽に撮って満足できる。Desire EYEのカメラをチェック。

先日よりレビューしているSIMフリースマホ、HTC Desire EYEで適当に写真を撮ってきました。
ブロガーイベントではかなり「うちのカメラ、キレイでしょ」と推されまして、実際どれだけ撮れるもんかと撮ってきたわけですが、先に結論を書けば「十分キレイ」と評したいカメラです。
もちろん、得意不得意もありますが、まずは作例のご紹介、その後で総評を書いていきます。
なお、撮影についてはすべて「オート」です。

風景

Desire EYE TestShotDesire EYE TestShot
Desire EYE TestShotDesire EYE TestShot

夜景

Desire EYE TestShot

Desire EYE TestShotDesire EYE TestShot
IMAG0009

総評

だだだっと作例を一気にご紹介しました。
冒頭に書いた通り「十分キレイ」と言えるだけの画質です。発色は少々赤色が強めな気がしますが、以前のHTC端末のようなドギツイ色の偏りではないため常用できますね。むしろ赤色に寄った発色のため、食事などを撮ると暖かみのある色味になりますので、何も気にせず撮って「飯テロ」しやすいのは喜ばしいかと(w
また、Desire EYEはSony Xperiaシリーズのようにサイドキーに「カメラキー」があります。ここの長押しでカメラ起動となるわけですが、起動までの時間はXperia Z3より速かったです。今夏モデルのXperia Z4(※ただし冷えている状態)と比較すれば僅かに遅く感じますが、起動速度に不満が残るほどではありませんので購入を検討している人は期待していいと思います。

逆に苦手…と感じたのは風景写真に含めている「逆光」のシチュエーション。
没で掲載していない真っ暗な環境での撮影も含め、被写体が暗く潰れるシチュエーションではオートフォーカスに迷いが生じてしまったり、夜景重視の撮影モードやマニュアルでISO感度をあげるなどしないと厳しいです。
今回掲載のディズニーランドのシンデレラ城のように、暗所・夜景でも、フレームいっぱいに撮影対象が入っている状態であれば十分キレイに撮れるんですが。
あと、画角は最近のスマホにしては狭いです。ここ一年くらいの機種から買い換えた場合気になるかもしれませんが、一歩分後ろに下がればいいだけなので慣れの問題でしょうから、マイナスにはならないかと。

おまけ


自撮りって難しいですね…。
キレイに撮っている女子校生とか女子大生とか、ほんとすごいと思います。

HTC Desire Eye SIMフリー スマートフォン レッド HTC DotViewセット DESIRE-EYE-RD SET
HTC Desire Eye SIMフリー スマートフォン レッド HTC DotViewセット DESIRE-EYE-RD SET
HTC 2015-10-17
売り上げランキング : 48891

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HTC Desire Eye SIMフリー スマートフォン ブルー HTC DotViewセット DESIRE-EYE-BL SET
HTC Desire Eye SIMフリー スマートフォン ブルー HTC DotViewセット DESIRE-EYE-BL SET
HTC 2015-10-17
売り上げランキング : 26310

Amazonで詳しく見る by G-Tools