auもMNP購入時の短期解約に別途解除料を設定。9/10から「MNP購入サポート特約が開始」(2015.9.7 一部修正)

買い回りの皆さん、お疲れ様でした。

タイトルの通りですが、MNPで最新機種を買い漁るのに比較的優しかったauも遂にMNP購入時に二年契約とは別の「縛り」を9/10から設けるそうです。最初の対象機種は「Xperia Z4(SOV31)」と「Galaxy S6 edge(SCV31)」の2機種。

筆者が見聞きした情報をまとめると…

  • 施策名の通り、適用されるのはMNP転入時のみ。新規、機種変更は対象外
  • 適用条件は【誰でも割】への加入
  • 本施策適用時、一年以内の解約等は誰でも割(二年契約)とは別に特約解除料が発生
  • 純解約以外の特約解除料発生条件は機種変更、回線休止など(持込機種変更もNG)
  • 特約解除料は契約1ヶ月目〜12ヶ月目の間、徐々に減額となっていく
  • 経過月のカウントは「購入した月が一ヶ月目」
  • 購入サポート特約にはA〜Cの3種が存在し、今回スタート分は「B」に該当
  • 料金プランやパケットの縛りはないらしい。最終的にLTEプランのみで保持する事は可能
  • MNP購入サポート特約適用時、毎月割は減額。機種によっては0円となる場合有。

という感じ。
MNP購入サポート特約について「パケット割引サービス等の加入・継続が条件」と書かれているブログなどが散見されますが、現状こちらの情報は間違いです。現時点でお客様配布用に店頭に用意された覚書(KDDI作成)などにも「誰でも割の加入が必須」とだけあります。

これは憶測ですが、従来通り「パケット定額制サービス加入時」に代理店・店頭に対して支払われる「MNP奨励金」の扱いは従来通りであり、奨励金の払出条件とMNP購入サポート特約の適用条件がごっちゃになったことで、パケットフラット加入が必須という話が現時点で出てきているのではないでしょうか。
言い換えれば、MNP購入サポート特約を適用した場合でも更にn万円キャッシュバック、複数台ならn万/台増額!!というのはまだまだ続くということですね。
もちろん、MNP購入サポート特約は「まだ始まっていないサービス」ですし、ドコモの端末購入サポートなどのように途中で拘束期間や条件が追加されていく可能性は大いにありますので、現段階情報としてご認識頂ければ幸いです。

なお、対象機種になる「Xperia Z4(SOV31)」と「Galaxy S6 edge(SCV31)」の毎月割については適用不可とのことで、イニシャルコストは安価になる一方、維持費は高額になる模様。販売現場はスマートバリューの獲得強化()とか言われるんでしょうか。もう現場いないんでよくわかりません。

MNP購入サポート特約Bの解除料は以下の通り。

経過月解除料
1ヶ月目30,000円
2ヶ月目28,650円
3ヶ月目27,300円
4ヶ月目25,950円
5ヶ月目24,600円
6ヶ月目23,250円
7ヶ月目21,900円
8ヶ月目20,550円
9ヶ月目19,200円
10ヶ月目17,850円
11ヶ月目16,500円
12ヶ月目15,150円
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント