Galaxy S6 edgeならハンバーグが美味しそうに撮れる

お腹が空いている人、すみません。
ジューシーな炭火焼きハンバーグが絶品の「さわやか」のハンバーグ画像を中心にお送りいたします。

というわけで、Galaxyアンバサダーにてお借りしている「Galaxy S6 edge」のカメラを早速テストです。
今回は愛用している「Xoeria Z3」との比較も一緒に。
設定については全てオート。出かけたついでの撮影なので、イチイチ設定するのも面倒ですし、スマートフォンのカメラに求める「すぐ撮れる」で「どれだけキレイに撮れるのか」を確認したかったので。

海老名SA(下り)で撮った生姜焼き

Galaxy S6 edge

Galaxy S6 edge

Xperia Z3

Xperia Z3

屋内・白色の蛍光灯の下で撮影。
Xperia Z3も結構キレイだと思っていましたが、こうして比べると青みが強い絵になりますね。
Z3以降、Xperiaのカメラは「プレミアムメシマズオート」を克服したと思っていましたが、Galaxy S6 edgeと比較するとまだまだメシマズ発色です。S6 edgeについては、自分の記憶の中の色にかなり近いかな、と。

大人気、さわやかのハンバーグ

カメラをテストしたいのか、さわやかのげんこつハンバーグのジューシーさをアピールしたいのかわからなくなってきました。

Galaxy S6 edge

20150510_21292020150510_213008

Xperia Z3

DSC_0392DSC_0393

大袈裟ですが、S6 edgeで撮った写真を見ていたらあのジューシーな味を思い出し、お腹が鳴りました。
飯モノ2連続で掲載なので主だったコメントもないのですが、Xperia Z3はホワイトバランスが狂いすぎ。
暖色系の照明の下、同じような色味のデスク、ハンバーグと並ぶ中でしっかりと色を捉えているS6 edgeのカメラの優秀さに感動です。確かにこれはSNSで「飯テロカメラ」としてコアなファンがいるのにも納得。

ついでなのでさわやかの店頭?店構え?

Galaxy S6 edge

Galaxy S6 edge

Xperia Z3

Xperia Z3

好みがわかれそうな部分ではありますが。
Galaxy S6 edgeの方が、ネオン管や照明の光がボケることなく撮れています。
Xperiaの売りの一つとして「夜景が上手に撮れる」というものがあるのですが、ISO感度をぐんとあげすぎる為、光が白くなってしまう、明るすぎてしまう事が多々ありまして、今回の撮影分もそうなっています。
その点、Galaxy S6 edgeの方が適切なISO感度、露出で撮影しているので今回に限ってはS6 edgeの勝ちですね。イルミネーションの季節でもないため、いつも通りに東京ディズニーランドにでも行ってシンデレラ城でも撮ってまた比べたいところ。

まとめ

というわけで、Galaxy S6 edgeのカメラとXperia Z3のカメラを比べてみました。
本当に撮影したハンバーグが美味しそうです。また何とか予定を作ってさわやかまで食べに行きたい!!と考えてしまうほどに美味しそうにハンバーグが撮れるS6 edge、いい機種です。

20150510_213223
なお、さわやかのハンバーグは中が少し赤いくらいで食べるのがベストだそうです。

ドコモの機種変更はオンラインショップがオススメ!!事務手数料0円!!
SC04G_dosbanner