意外と知らない?ソフトバンクのスマ放題 基本プランは月月割の対象!!

昨日のエントリー()の為に月額料金を試算している際に、そういえば…と思いまとめてみる。

Softbankの月月割とは

softbank_tukidukiwari
携帯電話本体を「新スーパーボーナス」にて一括払い、または分割払いで購入した際、一定期間(通常は24ヶ月間)毎月のご利用料金から機種毎かつ申込区分(MNP/新規/機種変更)に応じた金額を月額料金から最大で割り引く仕組み。

割引の対象は?

「月月割」の対象となるサービスを教えてください。

SoftbankのQ&Aより

キャプチャ

となっています。
お馴染みの「ホワイトプラン」は値引き対象外です。
しかし昨年始まった「スマ放題」の「基本プラン」は対象と明記されています。
当たり前ですが、本体を分割支払いした場合の「毎月の本体分割支払金」は割り引かれません。

それをふまえた上での…..↓↓

データシェアの場合の子回線は維持費がすごい安い?

上で調べた通り、データシェアを組める「スマ放題」は「基本プランまで月月割の対象」となっています。
ですので、家族複数台でパケットパックを利用できる「シェアオプション」を利用した場合でも、しっかりと割引を受けることができます。

…といってもイマイチわかりづらいので、図で示しますね。
ちょっとわかりやすくするために今回は「月月割が毎月4,000円」適用されることにします。
ついでに「機種代金が毎月4,000円」という設定にもします。

ホワイトプランの場合

White
既に説明した通り、ホワイトプラン分は月月割の割引対象外です。
上記料金プラン例だと、パケットパック・定額サービスも二段階制を選択し、ほとんどデータ通信を行わない通話専用の用途で、さらに高額な月月割が適用されているにも関わらず「基本料金以外の総額が月月割を下回り、割引が上回った部分はそのまま捨てられてしまうため」、維持費は本体の分割金を含めて5,000円近い金額となってしまいます。

スマ放題 基本プランが割引対象外だった場合

スマ放題1
これが一番高額ですね。
しかし今回スマ放題 基本プランについては月月割の対象になっていますから、こんな高額な請求になることはありません。

スマ放題 基本プランが割引対象の場合

スマ放題2
オプション、パケット通信分(データシェア)を割り引いた後、スマ放題 基本プランも割引を行います。
今回は例として毎月の割引をかなり高額に設定していますので、必ずしもデータシェアの子回線側の月額が月月割によりまったくかからない!!というわけではないので悪しからず。

まとめ

携帯屋さん歴がそこそこ長いと「ソフトバンク=基本料金は割り引かれない」というイメージが強かったり、早期からiPhoneを利用しずーっとiPhone使ってます!!というユーザーからすると、ちょっと目から鱗なお話しではないでしょうか。
Softbankの場合、期間限定のキャンペーンなどにより割引適用条件や割引適用できる範囲が変わるなどなど色々あるため、都度注意したいところですが、なんとなく「スマ放題=高い」と思って話している人があまりにも多い気がしたので、まとめてみた次第です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする