ドコモ光を申し込む。その1 〜まずは転用承諾番号を取得しよう〜

2/16から予約受付が開始された「ドコモ光」
報道発表以降、販売現場は阿鼻叫喚…らしいですが、細かな料金のお話はおいといて、実際に申込をしてみましたので、申し込むまでの一連の流れ→利用開始までを数回にわけて書いていきます。

筆者宅の現状のネット契約について

[回線] NTT東日本 フレッツ光ネクスト マンションタイプ(VDSL方式・上下最大100Mbps)
[プロバイダ] Yahoo!BB 光 with フレッツ

どこにでもある普通のご家庭、という感じ。
ドコモ光では既にNTT東西のフレッツ光を利用していれば「原則工事無し」で「転用新規(契約切り替え)」することができます。
ですので筆者宅の場合、NTT東日本のフレッツ光を利用していますので今回は「転用新規」で申込を行います。

準備

詳しくは後で書きますが、手続きを進めるにあたり
・光回線の契約が誰か
・契約者に連絡をしてもらう時間を作る
・「契約ID」か「ひかり電話番号」を控えて用意しておく
としておくとスムーズでしょう。

転用承諾番号を取得しよう

NTTからNTTドコモへの契約変更なので「グループ会社なんだしそのままできそう」と思うのですが、ちょっと面倒な事に「転用承諾番号」を用意しないと手続きをする事ができません。
これを入手するには
 NTT東日本…0120-140-202
 NTT西日本…0120-553-104
に電話をして手続きを行います。携帯電話の「MNP予約番号の発行」をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。
この際、電話をかけるのは「契約者本人から」に限定されるので、準備に書いた通りにしておけば特に何の問題もなく手続き・転用承諾番号の取得ができるはずです。

ちなみに転用承諾番号にも有効期限があります。取得日含めて15日以内です。

転用承諾番号例

○とか×には数字が入ります。

[NTT東日本] E○○○○-××××-●●
[NTT西日本] W○○○○-××××-●●

転用承諾番号の頭の「E」と「W」は「East」と「West」ですね。

NTT東日本限定でWebから取得もできる

https://flets.com/tenyou/
こちらから必要事項を入力する事で転用承諾番号を取得することも可能です。
ただし、設置先住所で自宅住所が出てこない、建物名が出てこないといったケースに遭遇すると電話窓口での手続きになります。
(筆者宅は検索で出てこなかったので結局電話しました)

とりあえずここまで出来れば、次はドコモ側で手続きをするだけです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする