[PC] OneNote2013の無償化に飛びついたらOffice 2013の再インストールでハマった話

先日、突如としてOneNote 2013の無償化・Mac版の提供が発表されました。
(参考: PC Watch「最新のMicrosoft OneNote 2013が突如無償に」)
早速インストーラーをダウンロード、インストールを実行するもエラーが出てしまい、更にはインストール済のOffice 2013 Home and Bussinessも削除されてしまいました。
エラー理由はインストーラーとインストール済のOfficeで対応プラットフォームが違ったから。
削除された理由はインストール時、既存のOffice製品含め再構成を行うから。
…この仕様、あまりよろしくないですよね。更に、MicrosoftのWebから最初にダウンロードされるインストーラー、x64(64Bit)全盛期にx386(32Bit)って、酷い話ですわ。

流石にWordやExcelが使えないままでは困るので再インストールを行いました。
ここでまたも問題が。
プリインストールで購入しているのに「再インストールメディア」が付属していません。
Office 2010くらいまではシステムのリカバリはHDDに格納されたリカバリ領域から、Officeだけは別に添付された光学メディアから…というメーカーがほとんどで、てっきりそういうモノだと思っていました。
適当に調べていくと

[Office 2013] 購入後、およびリカバリー(再セットアップ・初期化)後のインストール手順

と、SONYのサポートにありましたのでろくに触っていないスタート画面を開いてみるも
Office 2013再インストール - VAIO Pro 11 スタート画面
ありません。
再インストールを行う為にまるっとリカバリを行う必要があるのかもしれない…と焦りましたが、必死に探して辿り着いたのが

再インストール | プレインストール版 (PIPC) 製品インストール | Microsoft Office

というQ&A。
どうもOffice 2013からは
 1) Microsoftの専用ページへアクセス
 2) プロダクトキーを入力
 3) 専用のインストーラーをDLし再インストール
という手順に変更になったようです。
プロダクトキーさえわかれば、光学メディアを紛失・破損などしても大丈夫なのは現代的な配慮でいいなーとも思いましたが、OneNote 2013のDLサイトの罠と併せ、不親切なのは相変わらずだと思いました。

流石に同じ罠にハマる人もそういないと思うんですが、ご参考までに。

コメント