Xperia XZ3を今更ながら買ってみた

最近、これといって「絶対に買うぞ!!」となるほど惹かれるスマホがない。

直近だと背面のグラデーションがキレイと評されるOPPO Reno3 Aあたりは「ちょっといいかも」と思ったけど、実機はなんだか安っぽい。
プロモーションビデオが炎上した小米が出してきたMi Note 10 Liteのパープルも惹かれはしたけど、これも実機がちょっと暗すぎるというか、光の当たり具合でこうも華やかさに欠けてしまうのは違うなぁと。

ここまでに書いた通り、最近はスマホ選びの基準に色やデザインを重視していたりする。
というのも、メインのスマホに限らず性能はだいたい頭打ち。久々に引っ張り出してきたGalaxy Note9をさわってみて「動作が遅い」と感じることもなく、Galaxy S20 5Gに持ち替えてみても手への収まりは気持ちいいとも感じるけれど、動作が凄く勝っているとも思えない。

買い替え動機になりそうな技術的なブレイクスルーになるのは5Gだけど、これも今年度のエリア拡充予定を見ている限りは生活圏で5Gの恩恵を受けることもない。

それ以外だとカメラあたりも買い替え同期になりそうだけど、最近の映え寄りのチューニングは好みじゃないし、6,000万画素や1億画素のセンサーをクロップし、さらにAI利用で補完する仕組みも技術としてはおもしろいんだけど、30倍や50倍のズームを使う機会もほとんどなければ、出てくる絵だって「切り出した画角で考えれば凄いけど、写真として記録に残すには汚い」ので、必要かと言われたら「別に」という感じ。

まぁ、だいぶ前置きが長くなってしまったのだけど「何かスマホが欲しい」「メインじゃないから、なおさら動作やカメラの画質にこだわる必要もない」ということで、見た目が好きだけど買う機会を逃していたXperia XZ3を買ってみた。

買ったのは海外版のデュアルSIM仕様(型番 H9493)で、中古で4万しないくらい。
NTTドコモの今夏モデル「LG style3 L-41A」がSnapdragon 845搭載で4万強なので、それと同じくらいのスペックだと考えれば妥当じゃないかなと。

届いてGoogleアカウントと、今名刺に載せている電話番号とその前の電話番号のSIMカードを取り付けてセットアップは完了。
前の電話番号から今の電話番号への転送設定をしているのだけど、稀に前の番号へSMSが飛んでくるケースもあるので、これで1台で2回線をまとめられてスッキリ。

持ち歩きはプライベートかつメインのGalaxy Note10+(修理中で今はS20 5Gだけど)と、Apple Music+Apple Payで活躍中のiPhone SE(第2世代)。
そしてXperia XZ3の3台体制。そのうち、2台まで減らしたいんだけどしばらくはこれでいく。