横スクロールアクションが好き

誰しもこのゲームが特に好き、というのがあるはず。
ざっくりジャンルとしてこれが好きという人もいれば、特定のタイトルやシリーズで好きという人もいますし、特定のクリエイターやメーカーを名指しで好きだという人もいます。

筆者が好きなゲームのジャンルは横スクロールアクション。
もっとも古いゲームで遊んでいる記憶は確か3~4歳、ファミコンの魔界村です。もちろん、スーパーマリオやトランスフォーマーで遊んでいた記憶もあり、パズルゲームなどで遊んだのはそれよりもだいぶ後だったはずなので、筆者の中ではゲーム=横スクロールアクションです。

そんな横スクロールアクションの中でも好きなのがカプコンのロックマンシリーズ。
無印、X、ゼロ、ゼクス、この一連のシリーズが大好きです。

もちろん横スクロールではないRPGだったエグゼも好きなんですけども、この歳になってどっしり構えてゲームで遊ぶのが疲れるし、そもそもそんな時間も満足に取れないことの方が多いので「1ステージを数分でクリアできる」「被ダメージが少なく、一度もリトライせずにボスまで倒せたときの爽快感や達成感」という、時短で満足度の高い横スクロールアクションのロックマンシリーズが大人になってから改めて好きになっています。

そんなわけで、最近品薄も解消され入手が容易になってきたNintendo Switch Liteを増設。
Nintendo Switchはポータブルゲーム機としても使えますが、実際カバンに入れてみようとすると結構デカイ・入らない。
これなら普段使っているどんなカバンにも入りますし、移動時間のような短時間でもサクッと遊べるし、もちろん家でも「ちょっとだけ」と遊びたいときに場所を選ばずにロックマンで遊び放題です。

ダウンロード版でロックマン~ロックマンX8の移植版を。
ゲームカートリッジには今春に発売になった「ゼロ・ゼクス」の移植版を入れっぱなしにしたので、Nintendo Switch Liteで大好きな横スクロールのロックマンシリーズを網羅して遊べるようになりました。

同じゲームの話になると、残念ながらPS5の抽選にはずれているし、幸いにもローンチタイトルに気になるものもなかったので、年末のライザのアトリエ2の発売までは1日1ステージくらいののんびり進行で、横スクロールのロックマンを進めていく日々が続きそうです。