あの日見た虹みたいな音楽だって

日記
この記事は約2分で読めます。

あっという間に夏が終わった。

昔から言い続けているが、夏が嫌いだ。
暑い、とにかく暑いのが嫌いだ。汗を流すのが嫌いだ。汗臭くなる自分が嫌いだ。刺すような陽射しが嫌いだ。眩しいのが嫌いだ。

夏が嫌いなので夏が終わるとせいせいする。

今年の夏は、どんな夏だったっけ。

カメラを買い替えた。

ずっとずっと大好きだったカメラを手放して、ちょっと気になるあのカメラに買い替えた。

「ずっと恋したあの子を諦めて、別に気になる子と付き合った。」

こんな風に書くと、ちょっとひと夏の思い出っぽい。

家の屋上から花火を見た。
去年の秋に越したから、屋上から花火を見るのはこれが初めてだ。

娘が無邪気に言う。

「そこの木がなかったら、もっと見えるのに。切っちゃえばいいのに。」

この日は花火もキレイだったけど、同じくらいに金星もキレイだった。

友人たちと、何度もお酒を飲んだ。

夏のビールは美味しい。大人にだけ許された暑気払い。

そう考えると、ちょっとだけ夏が好きになれた気がしてくる。

娘と一緒に、みなとみらいにも出かけた。

お友達に話せるような、夏の思い出のひとつにはなったんだろうか。

しかし一緒に出かけて、手間がかかることが随分と減った気がする。

毎年、夏の思い出のほとんどはROCK IN JAPAN FESTIVAL。

それは今年も一緒。

ライブ、それもフェスの”ライブ感”は特別。全身で音楽を浴びて、全身で夏を感じる1日。


僕は夏が嫌いだ。

こんなにも楽しい思い出ばかり押し付けやがって。

楽しかった日々との距離が広がって、寂しくなっていく。

だから夏が嫌いだ。

<本日のBGM:プログラムcontinued / UNISON SQUARE GARDEN>

コメント